【宝塚記念 2021 予想】1週前追い切り評価&好調馬まとめ

2021年宝塚記念の1週前追い切り考察&予想。

2021年宝塚記念の1週前追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】宝塚記念の1週前追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

クロノジェネシス

CW重 7F96.537.3-12.3 併せ先着 仕掛け

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

2頭併せの内から直線は単走の形になって楽に突き放す内容。

併せ馬にならず想定外の調教になったが、リズム重視で気分良く走れていて、活気ある動き。

レイパパレ

坂路重 55.6-40.4-12.1 併せ先着 仕掛け

個人的評価:A(9.0点)

坂路で併せて終いだけ伸ばすような内容。

時計的にも前走と同じような調整で、仕掛けてからはしっかり反応できている。

元気いっぱいで、調整内容としては至って順調。

カレンブーケドール

美浦坂路稍重 51.8-37.6-12.8 併せ先着 馬なり

個人的評価:A(9.0~9.5点)

本来は単走だったが、直線で2頭併せの形になって馬なりのまま楽に先着する内容。

春天の1週前よりも終いの走りが素軽く見える。

アリストテレス

CW重 6F82.237.8-11.9 併せ先着 強め

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

3頭併せの外から追われて中の馬には先着する内容。

春天の1週前よりも早い時計の中でしっかり終いまで動けている印象。

2週前は坂路52.4-12.4。併せ馬なり先着。

モズベッロ

坂路重 55.5-39.4-12.2 併せ先着 強め

個人的評価:B+(8.0点)

2頭併せで追われて1馬身半先着する内容。

前走や去年の宝塚記念の1週前と比較して全体時計はかなり遅めだが、終いは早め。

ただ、調教助手が「ちょっと反応が悪い」と言っているのが気になるところ。

キセキ

CW重 6F80.637.5-11.9 単走 強め

個人的評価:B(7.5~8.0点)

CW単走で終いを伸ばす内容。

時計自体は問題ないが、去年の宝塚記念の1週前と比較すると若干動きが硬いというか、素軽さが足りない気がする。

ミスマンマミーア

栗東P良 5F68.5-39.3-12.6 単走 馬なり

個人的評価:B(7.5点)

ポリトラックで軽めの単走。

前走と比べて体調の維持がメインの調整。平行線。

シロニィ

坂路重 52.6-38.3-12.5 単走 一杯

個人的評価:B(7.0~7.5点)

坂路で一杯に追われる内容。

春天と比較すると、追われた時の反応が若干鈍く見える。

ワイプティアーズ

坂路稍重 55.5-39.4-12.2 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.0点)

坂路で終いだけ伸ばすような調整。

単走でも終いは動けており、この馬なりに状態は良い。

【宝塚記念2021】1週前追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • カレンブーケドール
  • レイパパレ

B+評価の中で気になる馬

  • アリストテレス
  • クロノジェネシス

私の予想↓

◎カレンブーケドール

◯レイパパレ

▲アリストテレス

△クロノジェネシス

カレンブーケドールは坂路での動きがいつもよりも素軽く見えました。春天からさらに良化している印象です。

レイパパレは前走と同じパターンで調整されており、至って順調という印象。

アリストテレスは、3頭併せの外で負荷のかかる調教をこなしており、この馬なりにしっかり動けていました。

クロノジェネシスは若干予定外の調教内容だったのが気になりますが、動き自体は問題なく、活気があります。