【2019年毎日王冠 過去データ予想】秋の東京が得意な穴馬3頭

【2019毎日王冠の出走予定馬と過去データ予想】秋開催の東京芝1800mが得意な種牡馬・騎手・調教師データ傾向から推奨する穴馬3頭まとめ。

2019年毎日王冠 出走馬の種牡馬・騎手・調教師データだけのシンプルな考察で、穴馬を探してみました。

他のサイトと違うところは、「秋開催(10~11月)の東京芝1800m」の過去データ傾向に特に注目した考察・予想になっています。

【東京芝1800m】2019年 毎日王冠の出走予定馬10頭

馬名騎手調教師母父
アエロリット津村明秀菊沢隆徳クロフネネオユニヴァース
ペルシアンナイト◯◯池江泰寿ハービンジャーサンデーサイレンス
モズアスコット ◯◯ 矢作芳人FrankelHennessy
インディチャンプ福永祐一音無秀孝ステイゴールドキングカメハメハ
ケイアイノーテック ◯◯ 平田修ディープインパクトSmartyJones
ダノンキングリー戸崎圭太萩原清ディープインパクトStormCat
エアウィンザー ◯◯ 角居勝彦キングカメハメハサンデーサイレンス
ギベオン ◯◯ 藤原英昭ディープインパクトGhostzapper
ダイワキャグニー ◯◯ 菊沢隆徳キングカメハメハサンデーサイレンス
ラストドラフト ◯◯ 戸田博文ノヴェリストディープインパクト

アエロリット、ダノンキングリー、インディチャンプが人気になりそうな面子。

【過去10年血統傾向】秋開催の東京芝1800mに強い種牡馬

【過去10年】10-11月東京開催の芝1800mの種牡馬成績。

ペルシアンナイトの父・ハービンジャーの単勝回収率が優秀です

データ数は少ないですが、ラストドラフトの父・ノヴェリストの成績も結構良いですね。

エアウィンザー、ダイワキャグニーの父・キングカメハメハの単勝回収率も93%と、ディープインパクトの48%と比較すると、結構高めになっているので、単勝で狙うならディープインパクトよりはキングカメハメハのほうがオッズ・回収率的には旨味があるのかも?

血統データ的には、ペルシアンナイト、ラストドラフト、エアウィンザー、ダイワキャグニーあたりをチェックしておきます。

【ルメール・戸崎】秋開催 東京芝1800mが得意な騎手

【過去10年】10-11月東京開催の芝1800mの騎手成績。

ルメール騎手の勝率・連対率・複勝率がずば抜けていますね。

ルメール騎手が乗れば62%以上の確率で馬券に絡んでいます。

単勝・複勝回収率も100%を超えているので、まだ騎乗馬は決まっていないですが、ルメールがいるなら逆らわないほうが良いと思います。

田中勝春騎手は単勝・複勝回収率が高く、穴馬に乗っていたら要注意。

ダノンキングリーに乗る戸崎騎手は、複勝率44%で複勝回収率100%を超えているので、結構信頼度は高め。

逆にアエロリットに乗る津村騎手ですが、過去成績を見ると秋の東京芝1800mはサッパリですね。

津村騎手の秋の東京芝1800m成績。

騎手データだけをみるなら、結構危険な人気馬になりそう。

騎手データ的には、今の所は騎乗が決まっているダノンキングリーの戸崎騎手をチェックしておきます。

【矢作芳人・角居勝彦】秋開催 東京芝1800mが得意な調教師

【過去10年】10-11月東京開催の芝1800mの調教師成績。

モズアスコットの矢作芳人調教師の複勝率が約44%と高め。ただ回収率はそこまで高くはない。

エアウィンザーの角居勝彦調教師は勝率が20%とそれなりに高く、回収率も優秀。

アエロリット・ダイワキャグニーの菊沢隆徳調教師は単勝回収率がそこそこ優秀。

ダノンキングリーの萩原清調教師は秋の東京芝1800mは過去10年で1回しか勝てていないです。

萩原清調教師の秋の東京芝1800mデータ

インディチャンプの音無秀孝調教師は複勝回収率が結構高め。

音無秀孝調教師

ペルシアンナイトの池江泰寿調教師と、ギベオンの藤原英昭調教師はどちらも回収率は低調。

池江泰寿、藤原英昭調教師。

調教師データ的には角居勝彦調教師のエアウィンザーをチェックしておきます。

【種牡馬・騎手・調教師】2019年毎日王冠 穴馬候補はこれ!

秋開催の東京芝1800mの種牡馬・騎手・調教師の過去データ傾向を考察した結果、穴馬は以下の3頭になりました。

  • エアウィンザー(父キンカメ◯、調教師◎)
  • ペルシアンナイト(父ハービンジャー◎)
  • ラストドラフト(複勝狙い。父ノヴェリスト◎)

人気どころだとダノンキングリーの戸崎騎手が秋の東京芝1800mは信頼度高め。

あとは、まだ決まってないですが、ルメールが乗る馬は最重要チェック。

って感じですね。

あくまでデータだけをみた話ですが。

てなわけで、2019年毎日王冠の個人的過去データ考察でした。

それでは!

※このブログのメインは追い切り考察なので、過去データ傾向予想はあくまでおまけです。