【関屋記念 2020 予想】最終追い切り 全18頭評価まとめ

2020年関屋記念の追い切り全頭考察&最終予想まとめ。

2020年関屋記念の最終追い切り(タイム) 全頭考察&予想記事です。

【全馬調教タイム 前走比較】関屋記念の追い切り考察

関屋記念追い切り全頭評価。

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※前走の最終追い切りと、今回の最終追い切りのタイムを記載しています。タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

プリモシーン

前回:南W良 5F66.9-38.9-12.0

併せ先着 馬なり

今回:南W良 6F83.6-39.5-11.6

併せ併入 仕掛け

個人的評価:B(7.5~8.0点)

2頭併せの外から軽く仕掛けて先着する内容。

終いの反応は悪くない印象。

1週前は南Wで長めから併せてこの馬としては動けている。

調教師が馬にスイッチが入っていないと言っているのが気になる。

クリノガウディー

前回:坂路重 55.8-39.7-11.9

単走 仕掛け

今回:坂路良 53.4-38.0-11.7

単走 強め

個人的評価:B+(8.0点)

坂路で強めに追われて終いまでしっかり伸びている。

中間も坂路早い時計を2本出せている。

1週前の馬体を見ると、若干夏バテ気味な感じもするが、動きは悪くない。

サトノアーサー

前回:坂路良 54.3-39.2-12.7

単走 馬なり

今回:坂路良 54.2-39.5-12.3

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

前走よりも我慢が効いた走りが出来ている。

中間も変わらず坂路で乗り込まれ、

ここに向けて順調に仕上がった印象。

グルーヴィット

前回:坂路良 51.5-37.1-12.6

単走 一杯

今回:坂路良 51.0-36.5-11.8

単走 馬なり

個人的評価:A(9.5点)

見習いが乗っているとは言え、坂路馬なりで楽々自己ベストを更新。

1週前にも51秒台でキレのある動きだった。

回転力のあるパワフルな走りで、今の状態はかなり良さそう。

アンドラステ

前回:CW良 4F54.839.7-11.5

単走 馬なり

今回:CW良 6F87.138.2-11.9

単走 強め

個人的評価:A(9.0点)

CW長めから終いの伸びも良好な走り。

中間はCWと坂路でしっかり時計を出しており、

ここに向けてかなり順調に仕上がった印象を受ける。

エントシャイデン

前回:CW稍重 6F83.437.5-11.9

単走 強め

今回:CW良 6F84.638.1-12.5

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

前走と同じくCW中心の調整。

1週前はサトノガーネットと併せて負荷をかけられている。

変わらず好調キープという印象。

アストラエンブレム

前回:美坂路稍重 51.2-37.3-12.3

単走 馬なり

今回:坂路良 54.9-41.2-14.2

併せ併入 馬なり

個人的評価:B(7.5~8.0点)

3頭併せの外から終始抑え気味で併入。

ここ2戦と比較してもかなり軽めの調整。

ただ中間は坂路で早めの時計で乗り込まれている。

調教師もコメントしていたが、暑さと輸送が気になる所。

その他、短評

・トロワゼトワルB+

坂路52.4-12.3。単走強め。

今回はしっかり追われて時計も出ている。

前走は重め残り。輸送で馬体が絞れれば面白そう。

・ミッキーブリランテB+

坂路57.1-12.4。単走一杯。

暑さを考慮してこれまで以上に終い重視の調整。

中間は2本坂路で53秒台を出せており、

調整自体は問題なさそう。

・ミラアイトーンB+

坂路51.1-12.8。単走馬なり。

終始馬なりだが、この馬としてはかなり動けている。

いい状態をキープできている印象。

・メイケイダイハードB

坂路53.0-12.1。単走一杯。

前走と同じく坂路中心の調整。

前走ほどではないが、一杯に追われて時計も出ている。

・ジャンダルムB+

坂路56.0-12.8。単走馬なり。

久々だが、中間は坂路とCWでかなり乗り込まれている。

チークピーシーズを付けるそうなので、変わり身あれば。

・プロディガルサンB

坂路54.3-13.0。単走馬なり。

中1週で追い切りはこれ1本のみ。

この馬なりに軽快な動きで仕上がっている。

・メイショウグロッケ(※動画なし)

CW4F51.4-11.6。単走馬なり。

佐藤助手 「休み明けでも乗り込んでいる。左回りのマイルはいい」

https://race.sanspo.com/keiba/news/20200814/ope20081404560005-n1.html

・ハーレムラインB

坂路52.9-12.7。併せ遅れ馬なり。

外の馬を目標に実質単走のような追い切り。

中間も坂路で乗り込まれ、この馬なりに順調。

・ドーヴァーB

南W6F80.4-12.7。単走仕掛け。

中間も南W中心で、前走と同じようなパターン。

目立つ変化はないが久々でも順調。

・ペプチドバンブーB

CW5F75.2-13.6。単走馬なり。

今回はCW中心の調整で、

1,2週前は強めに追われて負荷はかけられている。

・ブラックムーンC

CW5F65.9-13.1。単走仕掛け。

今回はCW中心の調整。

動き自体は平凡に見える。

【関屋記念2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • グルーヴィット
  • アンドラステ

B+評価の中で気になる馬

  • トロワゼトワル
  • サトノアーサー
  • ミラアイトーン
  • ジャンダルム

私の予想↓

  • ◎グルーヴィット
  • ◯アンドラステ
  • ▲トロワゼトワル
  • △サトノアーサー
  • ☆ミラアイトーン
  • ☆ジャンダルム

グルーヴィットは坂路馬なりで楽々自己ベストを更新し、とてもパワフルな走りでした。今かなり状態は良さそうに見えます。

アンドラステは、ここを目標に至って順調に仕上がった印象です。最終追い切りの雰囲気も良かった。

トロワゼトワルは、直前に強めで追われて、きっちり絞る意図があるように見えます。輸送で460キロ台まで絞れれば。

サトノアーサーは、今回は首を振らずにしっかり我慢して坂路で走れていました。能力はあるだけに軽視はできないと思います。

他だとミラアイトーンジャンダルムあたりも、追い切りを見た感じだと調子は良さそうに見えました。

あと、印が増えすぎるので回せませんでしたが、エントシャイデンやクリノガウディー、ミッキーブリランテあたりも、調教の動きは変わらず良かったです。