【秋華賞 2020】追い切り重視予想 全頭評価&好調馬まとめ

秋華賞全頭追い切り考察。

2020年秋華賞の最終追い切り(タイム) 全頭考察&予想記事です。

【全馬調教タイム 前走比較】秋華賞の追い切り考察

秋華賞の追い切り全頭評価。

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※前走の最終追い切りと、今回の最終追い切りのタイムを記載しています。タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

デアリングタクト

前回:坂路良 55.040.1-12.8

単走 馬なり

今回:坂路良 54.739.4-12.7

単走 馬なり

個人的評価:A(9.5点)

坂路単走で最後まで集中して、余裕のある走り。

1週前はCW6F80.6-12.0(自己ベスト)で、

しっかり負荷もかけて動けており、

オークスと同じような調整パターンを順調に消化出来ている。

休み明けでも十分力は出せそうな雰囲気。

リアアメリア

前回:栗東芝良 5F70.438.1-11.6

単走 馬なり

今回:CW良 5F69.237.9-11.8

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5ー9.0点)

CW単走で終いだけ軽く伸ばすような調教。

1週前は芝6F78.3-12.5で負荷をかけている。

CWと芝を併用した前走と似たパターンの調整で、

前走後もいい状態をキープできている印象。

ウインマリリン

前回:南W重 5F68.2-39.0-12.6

併せ併入 強め

今回:南W良 5F67.4-38.2-11.8

併せ先着 強め

個人的評価:B+(8.0点)

2頭併せの内から追われて大きく先着する内容。

1週前は南W5F68.6-13.0でやや重苦しい動きだったが、

最終追い切りで大分調子が上がってきた印象。

マルターズディオサ

前回:南W良 5F66.3-38.1-12.6

併せ先着 馬なり

今回:坂路良 53.3-39.3-12.5

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.0点)

坂路で軽く流す程度の調整。

1週前は南W5F69.3-12.7。併せ馬なり併入。

前走使った上積みも含めて、

この馬なりにいい状態をキープできている印象。

ウインマイティー

前回:CW良 6F83.2-39.6-12.0

単走 馬なり

今回:坂路良 54.0-38.9-12.3

単走 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

坂路で終いだけ伸ばすような調教。

軽快な走りで、終いまで集中して走れている。

1週前はCW6F80.5-11.5で楽に先着。

CW→坂路の好走パターンに戻しており、

変わり身があってもおかしくはない印象。

その他、短評

(※は除外対象馬。)

・レイパパレ※8.0-8.5

坂路54.1-12.6。単走強め。

1週前は坂路52.7-12.8の自己ベスト。

2週続けて坂路でしっかり追われて仕上がった印象。

・ミヤマザクラ9.0

坂路51.8-12.5。単走馬なり。

坂路単走で楽な手応えのまま自己ベスト更新。

1週前はCW6F81.3-12.0でしっかり負荷をかけて先着。

休み明けだけが気になるが、

調教内容はこれまでと比較しても十分動けている印象。

・クラヴァシュドール8.5

CW6F85.7-11.8。単走馬なり。

単走でサッと流すような調教。

1週前は芝6F80.5-11.6でキレのある動き。

1度使われて、順調に良化している感じで、

本番でイレ込みがなければ、しっかり伸びそうな印象。

・マジックキャッスル8.0

南W5F68.9-12.7。併せ馬なり併入。

1週前南W5F68.1-13.5。

坂路中心の前走から南Wの併せ調教メインに変えてきている。

テンションが上がりすぎず、いい状態をキープできている印象。

・パラスアテナ8.0

芝5F65.2-12.4。併せ併入。

2頭併せの内で馬なりのまま併入する内容。

手応えよく、集中して走れている印象。

1週前ポリトラック→最終追い芝コースは初パターン。

・ムジカ8.0

坂路53.0-13.0。併せ仕掛け先着。

前走と同じように坂路で併せて先着する内容。

1週前も坂路で53秒台の時計が出せており、

この馬なりに順調な調整。

・クラヴェル※8.0-8.5

CW4F54.2-12.6。単走馬なり。

これまでと同じ1週前坂路→最終CW4Fでの調整。

時計的にも動けているし、この馬なりに好調子。

・ミスニューヨーク※8.5

坂路55.4-12.5。単走馬なり。

1週前CW6F82.8-12.1で終いの伸びは抜群。

紫苑Sを使って順調に良化している印象。

・ソフトフルート※(最終追いの動画ないので評価なし)

CW6F81.7-12.5(火曜追い)。併せ先着。

1週前坂路54.5-13.0。単走強め。

松田師は「1回使っている分、無駄な時計にならないようにした。

きれいに追い切れた」と話した。

・ホウオウピースフル7.5

南Bダート4F52.3-12.1。単走馬なり。

1週前南W7F97.0-14.9。

1週前に長めから負荷をかけているが、直線はやや重苦しい動き。

当日しっかり折り合えるかがカギで、

右回りのダートコースで最終追いしたのがプラスに出れば。

・アブレイズ8.0-8.5

坂路53.6-12.3。併せ仕掛け先着。

余裕のある走りで、併せた時の反応も良い。

1週前も坂路51.8-12.7で動けている。

叩かれてこの馬なりに良化している印象。

・サンクテュエール8.0

美浦芝4F51.9-11.9。併せ馬なり併入。

2頭併せの内で手応えよく我慢して走れていた。

1週前も坂路53.1-12.6で動けており、

休み明けとしてはこの馬なりに順調。

・オーマイダーリン8.0-8.5

坂路53.4-12.8。併せ馬なり先着。

楽な手応えのまま大きく先着する内容。

この馬としては時計も出ているし、

いい状態をキープできている印象。

・フィオリキアリ※8.0

坂路53.5-12.8。単走馬なり。

1週前はCW6F81.6-12.5。併せ併入。

西海賞を勝った時の調教パターンとほぼ同じで、

時計的にもまずまず動けている。

【秋華賞2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • デアリングタクト
  • ウインマイティー
  • ミヤマザクラ

B+評価の中で気になる馬

  • リアアメリア
  • クラヴァシュドール
  • ミスニューヨーク

私の予想↓

  • ◎デアリングタクト
  • ◯ウインマイティー
  • ▲ミヤマザクラ
  • △リアアメリア
  • △クラヴァシュドール
  • ☆ミスニューヨーク

デアリングタクトは休み明けですが、1週前からしっかり負荷をかけて動けており、仕上がりはかなり良いと思います。あとは当日の折り合い次第と言った感じ。

ウインマイティーは休み明けを叩いて、好走パターンの調整に戻して、動きが良化している印象でしたので高めの評価にしました。

ミヤマザクラは休み明けなんですが、1週前、最終追いともにいい動きだと思いましたので、その点をシンプルに評価しました。

リアアメリアは、芝とCWを併用したパターンはこれまで通りで、状態は高いレベルに有ると思います。

クラヴァシュドールは終い重視の調整で、当日のテンションが上がり過ぎなければ、力は出せそうな印象です。

穴っぽいところだと、ミスニューヨークは紫苑Sがやや急仕上げという印象で、そこを使われてかなり良くなっていると感じました。自在性もあって、コース適性もありそうなので、一応加えました。