【有馬記念 2020 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

有馬記念の追い切り評価予想まとめ。

2020年有馬記念の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】有馬記念の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

クロノジェネシス

CW良 6F83.838.1-12.2 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

リュヌルージュと併せて、終始余裕を持った手応えで併入する内容。

1週前もCW6F83.3-12.3。併せ馬なり併入。

秋天と似たような調整内容で、特に変わりなく順調な調整に見える。

走りや体つきもだいぶ完成形になってきた印象。

あとは折り合いとゲートがうまく決まれば。

フィエールマン

南W良 5F68.2-39.3-12.7 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

南W単走で終いだけ軽く伸ばすような調教。

活気ある動きで、手前替えもスムーズで、直線は集中して走れている。

1週前は南W5F66.7-13.0。併せ馬なり先着。

道中はかかり気味で、最後はまともに併せ馬になっていない。

1週前のかかり気味の走りだけが気になるが、最終追いの動き・雰囲気は良く、本番でしっかり折り合いさえ付けば、力は発揮できそうな仕上がり。

カレンブーケドール

美浦坂路良 51.6-37.4-12.5 併せ先着 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

坂路でサトノエルドールと併せて、馬なりのまま併入する内容。

1週前も坂路で52.2-12.8。併せ馬なり併入。

前走ほど強めに追っていないが、集中した走りで、併せた時の反応も良好。

池添騎手に変わっても変わらず乗りやすそうな馬で、前走のいい状態をキープできている印象。

ラッキーライラック

CW良 6F85.338.4-12.1 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

福永騎手が乗って、CW単走で終いだけ伸ばすような調教。

ほぼ予定通りの時計で、終いもきっちり伸びて集中したいい動き。

1週前はCW6F78.9-12.6。併せ一杯で先着。

1週前にCWでしっかり負荷をかけて、最終追いもCWで早めの時計で追うのがいつものパターンだが、今回は直前のCWが約4秒ほど軽め。

先週の時点で仕上がっているという判断だろうが、この微妙な違いが良い方へ向けば。

ワールドプレミア

CW良 6F83.940.6-12.6 単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

CW単走で、直線少し手綱が動いて追われる内容。

1週前もCW6F84.1-12.6。単走仕掛け。

前走は坂路メインだったが、今回はCWメインの調整。

前走はなんとか間に合ったという感じだったが、今回は一度使われて、CWでじっくり乗り込まれて仕上がった印象。

足元の不安なくCWで調教が出来ているのは良い点だし、上積みはありそう。

その他、気になる馬

・オーソリティ8.5-9.0

南W5F67.6-12.5。併せ強め先着。

1週前も4頭併せで一杯に追われて先着しており、故障明けで半信半疑の調整だった前走以上に意欲的な調教。

あとは相手強化でどこまでやれるかだが、馬の状態は良さそう。

・サラキア8.5

坂路52.6-12.2。単走馬なり。

途中でしっかり手前を変えて走れているし、全体時計も前走と全く同じで優秀。

1週前はCW6F80.7-12.4。単走仕掛けでシャープな動き。

前走とほぼ同じような調整過程で、順調に良い状態を維持できている印象。

・ラヴズオンリーユー8.0-8.5

CW6F84.6-12.1。単走仕掛け。

前走後もCW長めから乗り込まれており、終いの反応も良い。

使われつつ良くなっている印象。

【有馬記念2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • カレンブーケドール

B+評価の中で気になる馬

  • クロノジェネシス
  • オーソリティ
  • ラッキーライラック
  • フィエールマン
  • サラキア

私の予想↓

  • ◎カレンブーケドール
  • ◯クロノジェネシス
  • ▲オーソリティ
  • △ラッキーライラック
  • △フィエールマン
  • ☆サラキア

年末の大一番なので、基本的にどの馬もいい状態なんですが、カレンブーケドールは前走後も疲れなく坂路で乗り込まれて、最終追いも指示通りのいい動きだったと思います。

クロノジェネシスはこれまで通りのCWでの調整で、時計も動きも良く、完成形に近い、いい状態で来ていると思います。

オーソリティは相手強化でどこまでやれるか未知数ですが、前走以上に意欲的に乗り込まれており、一度使った上積みはありそうです。

ラッキーライラックは最終追いがこれまでよりかなり軽めですが、1週前はしっかり負荷をかけて動けており、仕上がりは良いんだと思います。

フィエールマンは、1週前に掛かって単走になったのだけが気になりますが、最終追いの雰囲気は良かったです。

あと、穴っぽいところでサラキアが前走後もCW、坂路での動きが良く、今勢いがあるなって感じがします。