【桜花賞 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

桜花賞の追い切り評価・予想

2021年桜花賞の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】桜花賞の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

ソダシ

坂路良 54.5-39.1-12.5 併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せで馬なりのまま先着する内容。

1週前に坂路52.4-11.8。3頭併せ先着。

内から外に出して差すような実戦形式の調教を消化できており、追われた時の反応も良好。

中間がCWから坂路メインの調整になったのは気になるが、動き自体は良い。

サトノレイナス

南W良 5F68.6-39.9-13.0 併せ併入 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

2頭併せの内から馬なりのまま併入する内容。

輸送を考慮して軽めだが、しっかり折り合ってリラックスして走れており、併せた時の反応も良好。

1週前は南W5F64.4-11.7。3頭併せ仕掛け先着。

併せに行ってからしっかり反応できており、中間も順調に乗り込まれた成果か、前走以上に素軽い動きに見える。

アカイトリノムスメ

南W良 5F67.1-38.4-12.5 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

内目から馬なりのまま併入する内容。

1週前に強めに追われて、今回はサッと流す程度。

全体的に集中して走れており、まだ良くなりそうだが、現段階でもなかなかいい雰囲気に見える。

メイケイエール

CW良 4F51.237.4-12.1 併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.0点)

4頭併せの外から馬なりのまま先着。

コーナーでかなりかかっていたが、直線ではしっかり先着できている。

ただ、コーナーを走りを見ると、まだかかりグセは改善できていない印象。

ムキになって走っても直線はしっかり伸びているので、その辺を本番でもうまく活かせれば、能力は発揮できそうだが、やってみないと分からない部分も多い。

その他、調教で気になった馬

・ファインルージュ9.0

南W5F67.7-12.0。併せ馬なり先着。

福永騎手が乗って、3頭併せの真ん中で馬なりのまま楽に先着する内容。

外の馬と併せた時の反応も良く、折り合いも付いている。

センスの高そうな馬で、久々でも仕上がりはかなり良さそうに見える。

・エリザベスタワー8.5

坂路53.4-12.5。単走仕掛け。

坂路で2週続けて53秒台。

中間は口向きの修正を行っており、前走よりも単走で真っ直ぐ走れている。

・ストゥーティ8.0-8.5

調教だとかなりかかっているが、それでも直線はしっかり反応ができている。

本番だとどんな展開でも対応できていて、ベースの能力が高い馬に見える。

・シゲルピンクルビー8.0-8.5

坂路55.2-12.7。併せ馬なり先着。

併せた相手がぶつかってきたが怯むことなく先着。

1週前はCWで強めに追われており、前走後も順調に調整されている。

ピンクダイヤよりもクセがなく乗りやすそうな印象。

・アールドヴィーヴル8.0-8.5

坂路56.4-12.4。単走仕掛け。

坂路で単走で終いもキビキビした動き。

1週前は坂路52.5-12.5でしっかり動けている。

キャリアは浅いが1戦ごとに良くなってきている印象。

※ヨカヨカの最終追い切りの動画だけなくて見れませんでした。(左目横外傷の影響?)

【桜花賞2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • サトノレイナス
  • ファインルージュ

B+評価の中で気になる馬

  • ソダシ
  • エリザベスタワー
  • ストゥーティ
  • アカイトリノムスメ

私の予想↓

  • ◎サトノレイナス
  • ◯ファインルージュ
  • ▲ソダシ
  • △エリザベスタワー
  • ☆ストゥーティ
  • ☆アカイトリノムスメ

サトノレイナスは、ぶっつけですが中間も順調に乗り込まれて、最終追い切りはかなり雰囲気が良かったです。輸送も考えればかなりいい仕上がりに思います。

ファインルージュは、3頭併せでの追い切りで非常にセンスある動きをしていました。完成度が高く、いい馬に思ったので高めの評価にしました。

ソダシはCWから坂路メインになってましたが、1週前の実戦形式の追い切りが良かったです。

エリザベスタワーは、坂路で真っ直ぐ走れていて、前回と今回を比較すると調教内容が良くなって見えたので評価しました。

他にはストゥーティとアカイトリノムスメも雰囲気が良かったのでチェックしておきます。