【オークス 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

オークス追い切り予想。

2021年オークスの最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】オークスの追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

ソダシ

坂路稍重 54.7-39.5-12.3 併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

馬なりのまま楽に先着する内容。

1週前はCW6F86.9-11.6。併せ仕掛け先着。

道中は抑えが利いて、併せてからはしっかり反応できている。

2週前は坂路53.4-11.9。併せ馬なり先着。

前走は坂路メインだったが今回は1週前と日曜にCWを入れてスタミナと左回りを意識した調整?

全体的に素軽く終いの反応が良く、高いレベルで状態をキープできている印象。

アカイトリノムスメ

南W稍重 5F68.4-38.0-12.9 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せの内から馬なりのまま併入。

1週前は南W5F67.1-12.5。併せ馬なり併入。

前走と比較して左回りのほうが加速がスムーズな印象。

わりとゆったり走りタイプで距離延長も問題なさそうに見える。

ユーバーレーベン

南W稍重 5F68.2-38.7-12.1 併せ併入 仕掛け

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

2頭併せの内で軽く仕掛けて併入する内容。

1週前は南W5F68.6-12.7。併せ仕掛け併入。

休み明け3戦目で馬体減が続いているためか、今回は比較的軽めに見える。

ただ、動きは特に問題なく順調に来ている印象。

ステラリア

CW稍重 6F85.638.9-12.2 単走 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

CW単走で終いだけ伸ばすような調整。抑えながらも活気ある動き。

1週前はCW7F99.2-11.5。併せ仕掛け先着。

3頭併せの内から直線は楽に抜け出す内容。

1週前の切れのある動きが非常によく見える。

クイーンCの頃と比較してもかなり反応が良くなっている印象。

ファインルージュ

南W稍重 5F67.1-38.2-12.1 併せ遅れ 仕掛け

個人的評価:A(9.0点)

3頭併せの真ん中で無理に追わず前の馬には半馬身ほど遅れる内容。

1週前は南W6F83.5-12.0。併せ仕掛け併入。

長めから外目を回って最後もしっかり食らいついている走り。

前走と同じようなパターンで乗り込まれていて、福永騎手と手が合っていて、相変わらずセンス高そうな走りに見える。

その他、調教で気になった馬

クールキャット8.5-9.0

南W5F67.7-11.8。内から楽に先着。

元々調教で動くタイプで変わらずいい動きをしている。

前走よりも抑えも利いている。

アールドヴィーヴル8.5

坂路54.2-12.5。単走馬なり。

1週前坂路51.4-12.8。

馬なりで自己ベストを出していて、状態は上がってきている印象。

左回りでモタれるのと気性面で少し気になるが、秘めている能力は高そう。

エンスージアズム8.5

CW6F84.0-12.2。併せ馬なり併入。

1週前坂路51.3-12.4。併せ先着強め。

坂路で自己ベスト更新。

最終追い切りは3頭併せの真ん中で余裕を持って動けており、前走以上に仕上がっている印象受ける。

スルーセブンシーズ8.0-8.5

南W66.8-11.9。単走仕掛け。

前走以上に強めに追われてしっかり伸びている。

まだ体質的に完成してないが、この馬なりに順調に仕上がっている印象。

ククナ8.0-8.5

南W66.6-12.1。単走仕掛け。

1週前南W67.7-13.0。併せ併入。

前走は直前が坂路だったが、今回は南Wメイン。

最終追い切りは折り合いが付いて直線はいい伸び足。

【オークス2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • ファインルージュ
  • ステラリア

B+評価の中で気になる馬

  • ソダシ
  • クールキャット
  • アカイトリノムスメ
  • アールドヴィーヴル
  • エンスージアズム

私の予想↓

  • ◎ファインルージュ
  • ◯ステラリア
  • ▲ソダシ
  • △クールキャット
  • △アカイトリノムスメ
  • ☆アールドヴィーヴル
  • ☆エンスージアズム

ファインルージュは福永騎手とかなり手が合っている印象で、桜花賞のときも高評価しましたが、とにかく追い切りの動き・操縦性がとてもよく見えます。血統的に距離延長は微妙ですが、3歳春の時点なら折り合い次第でこなせそうな気もします。

ステラリアは1週前のキレのある動きがよく見えました。前走以上に仕上がっていると思ったので高めの評価。

ソダシは坂路で余裕のある動きができていますし、1週前はCWも取り入れて特に問題なく動けている印象。

クールキャットは前走がかかりっぱなしだったのが、今回は落ち着いて走れていたのが好印象。

アカイトリノムスメは左回りのほうがスムーズに加速できていました。

アールドヴィーヴルは課題もありますが、能力は高そう。

エンスージアズムは1週前坂路自己ベスト&最終追い切りの動きが良かったです。