【安田記念 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

安田記念追い切り評価&予想。

2021年安田記念の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】安田記念の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

グランアレグリア

美浦坂路良 53.6-38.6-12.5 併せ遅れ 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

前の2頭をあまり気にせず馬なりのまま流す内容。

中2週で間隔が詰まっているため、いつもの南Wではなく坂路での軽い調整。

リズムよく走れていて、問題なく動けている印象。

中間に左前脚の蹄を気にして馬場入りを休む日があった点だけが気になるが、最終追い切りの走り自体は良い。

インディチャンプ

坂路良 51.8-37.3-12.3 併せ先着 強め

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

2頭併せで仕掛けられるとしっかり反応して2馬身以上先着。

これまで通りの調整が行えており、前走と比較しても終いの動き・時計は良好。

サリオス

南W良 5F70.6-40.1-12.8 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せの内で馬なりのまま流す内容。

手前替えの時にスムーズではなかったが、変えてからの走りは軽快。

前走後の右トモ(後肢)の疲れが気になるが、今回の走りを見る限りでは問題なさそう。

シュネルマイスター

南W良 5F68.1-38.6-12.6 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せの内で馬なりのまま併入。

ノーザン天栄から帰厩後はそれほど早い時計は出さず気持ち重視の調整。

走りは軽快で、状態は変わらず良さそうに見える。

ケイデンスコール

坂路良 54.7-38.9-11.6 単走 強め

個人的評価:A(9.0~9.5点)

単走で集中して動けていて、終いはキレのある走り。

2週連続でラスト11秒台を出しており、状態はかなり良さそうに見える。

その他、調教で気になった馬

カテドラル8.5-9.0

坂路53.5-12.2。単走馬なり。

1週前はCW6F81.3-11.6。

中間はしっかり乗り込まれて終いの伸びは良好。

最終追い切りはここ2戦より時計が早く最後までしっかり動けている。

ギベオン8.5

CW5F64.7-11.9。単走馬なり。

先週CWで強めにやって今週は軽めの調整。

順調に調整されており、前走以上に動きが良い。

ダイワキャグニー8.5

南W5F68.0-12.8。単走馬なり。

1週前は南W5F66.6-12.2。併せ先着。

前走以上に余裕のある走りが出来ていて、仕掛けた時の反応も良好。

この馬なりに状態は良さそうに見える。

ラウンダシオン8.5

CW6F85.9-12.8。単走馬なり。

間隔が詰まっているので終始馬なりで流す内容。

前走も直前は軽かったし、疲れは感じさせない動き。

ダノンプレミアム8.5

CW6F83.2-11.5。単走仕掛け。

ラストはキレのある動きで、太め感なく調子は良さそう。

ダノンキングリー8.0

南B6F84.6-12.2。併せ仕掛け併入。

2頭併せの外から楽な手応えのまま併入する内容。

長期休み明けで2週続けてダートコースなのが気になるが、動き自体は悪くない。

【安田記念2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • ケイデンスコール

B+評価の中で気になる馬

  • インディチャンプ
  • カテドラル
  • サリオス
  • シュネルマイスター
  • ギベオン
  • ダイワキャグニー

私の予想↓

  • ◎ケイデンスコール
  • ◯インディチャンプ
  • ▲カテドラル
  • △サリオス
  • △シュネルマイスター
  • ☆ギベオン

ケイデンスコールは前走後も順調に調整されており、動きは今回のほうが終い反応・動きがより良く見えたので評価しました。

インディチャンプは至って順調で、坂路での時計・動きもよく、いい状態だと思います。

カテドラルはCW→坂路でどちらもいい動きを見せており、調子はかなり良さそう。

サリオスは手前替えがスムーズではなかったですが、直線の動きは素軽くてよかったと思います。

シュネルマイスターは前走より軽めですが、状態は高いレベルでキープできている印象。

他にもギベオン、ダイワキャグニー、ラウダシオン、ダノンプレミアムあたりの調教の雰囲気は良かったんですが、印の上ではギベオンだけに絞りました。