【菊花賞 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

ステラヴェローチェ
2021年菊花賞の追い切り考察&予想

2021年菊花賞の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

この記事の結論
今回の調教で一番良く見えた馬は「ヴィクティファルス」でした。

【調教タイム 前走比較】菊花賞の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

※坂路は800m-400m-200mのラップタイムを記載しています。

ステラヴェローチェ

坂路良 52.3-24.7-12.6 併せ遅れ 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せで無理をせずに馬なりのまま遅れる内容。

1週前はCW6F82.3-11.9。併せ仕掛け先着。

直線で軽く追われると反応良く楽に先着できている。

中間はしっかり負荷をかけて調教できており、ここに向けて十分力は出せそうな雰囲気。

オーソクレース

南W稍重 6F85.2-38.7-11.8 併せ併入 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

1週前は南W6F84.6-12.5。併せ馬なり先着。

時計は平凡だが、強めに追われて遅れていた前走に比べると全体的に走りが素軽くなっている印象。

一度使われて順調に良化している。

レッドジェネシス

CW良 6F86.2-39.7-12.0 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

1週前はCW7F98.7-12.0。併せ強め併入。

追われてからの反応が若干鈍いが、前走よりも負荷をかけた調教をこなしており、乗り込み量は十分。

タイトルホルダー

美浦坂路稍重 52.6-25.1-12.7 併せ遅れ 馬なり

個人的評価:B+(8.0-8.5点)

初めての長距離輸送も考慮して、2頭併せで抑えたまま無理をさせない走り。

1週前は南W7F97.1-11.7。単走仕掛け。

1週前に長めからかなり早い時計で動けており、この時点でほぼ仕上がった印象。

アサマノイタズラ

南W稍重 5F68.0-37.8-11.8 併せ併入 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

2頭併せの内から直線は楽な手応えのまま併入。

前走は重苦しい動きでかなり強めに追われていたが、今回は直線も素軽く動けている。

一度使われて状態面はアップしているように見える。

その他、調教で気になった馬

ヴィクティファルス9.0

坂路54.5-11.9。単走仕掛け。

坂路単走で軽快な走り。

1週前はCW6F79.6-12.3。単走一杯。

1週前にしっかり追われて早い時計の中でも力強い走りができている。

前走以上に仕上がった印象。

デヴァインラヴ8.5-9.0

CW82.9-12.3。併せ馬なり先着。

外目を回って楽な手応えのまま先着。

1週前も長めから追われてキレのある動きが出来ており、状態の良さを感じさせる。

ディープモンスター8.5

CW6F83.4-11.3。併せ仕掛け先着。

2頭併せの内から軽く仕掛けられるとラストはキレのある動きで能力高そうな走り。

ただ、中間の調教も含めて道中はかなり引っかかっていたので、その辺の折り合い面が気になるところ。

ヴァイスメテオール8.5

南W5F69.4-12.0。併せ馬なり併入。

3頭併せの真ん中で馬なりのまま併入。

前走と同じようなパターンで変わりなく動けている。

1週前は長めから一杯に追われてラストは11秒台の動きができており、久々でも力は出せそう。

エアサージュ8.5

坂路55.9-12.2。単走馬なり。

1週前CW6F84.2-11.9。単走仕掛け。

ゆったりとした飛びが大きい走りで、終いもしっかり動けている。

キレる脚はなさそうだが、マイペースで行ければ力は発揮できそう。

モンテディオ8.0-8.5

CW6F84.4-12.1。併せ馬なり遅れ。

1週前も軽めで、前走からの上積みというより調子維持の調整に見える。

アリーヴォ8.0-8.5

坂路54.1-12.3。単走馬なり。

坂路でラストまで素軽い動き。

距離適性は中距離向きの感じもするが、走りは素軽く状態自体は良さそう。

ハギノピリナ8.0-8.5

坂路52.2-12.3。単走仕掛け。

坂路単走で最後気合を入れられると力強い動き。

1週前にも併せで先着しており、1度使われて順調に良化している。

グラティアス8.0-8.5

南W6F84.5-12.2。単走馬なり。

これまでと違って中間は単走メインで調整されている。

動きは素軽く、リラックスして走れている印象。

ゼファーラジエル8.0-8.5

CW6F82.5-11.5。単走強め。

前走以上に強めに追われて終いも伸びている。

この馬なりに状態は上がっている印象。

【菊花賞2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • ヴィクティファルス
  • アサマノイタズラ
  • オーソクレース

B+評価の中で気になる馬

  • デヴァインラヴ
  • ステラヴェローチェ
  • ディープモンスター
  • ヴァイスメテオール

私の予想↓

◎ヴィクティファルス

◯アサマノイタズラ

▲オーソクレース

△デヴァインラヴ

△ステラヴェローチェ

☆ディープモンスター

ヴィクティファルスはCW→坂路はいつものパターンで、これまで以上に素軽く軽快に動けていました。上積み有りと見て高めの評価に。

アサマノイタズラも前走は重めの動きでしたが、それに比べると今回はかなり素軽くなっています。

オーソクレースも同じような感じで前走以上に動きが良くなっていると感じたので高めに評価しました。

他だとデヴァインラヴ、ステラヴェローチェ、ディープモンスター、ヴァイスメテオールあたりの雰囲気もよかったのでチェックしておきます。