【天皇賞秋 スワンS アルテミスS 2021 予想】最終追い切り厳選評価&本命馬まとめ

コントレイル
天皇賞秋 スワンS アルテミスSの追い切り好調馬考察

2021年天皇賞秋、スワンS、アルテミスSの最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

この記事の結論
今回の調教で一番良く見えた馬は「コントレイル」でした。

【調教タイム 前走比較】天皇賞秋の追い切り好調馬ランキング

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

コントレイル

坂路 51.7-12.1 単走馬なり

個人的評価:A+(9.5点)

軽い足さばきで馬なりながら好時計の後傾ラップが踏めている。

中間もここを目標に乗り込まれており、休み明けでも万全の仕上げに見える。

エフフォーリア

南W 6F86.3-11.3 併せ馬なり先着

個人的評価:A(9.0~9.5点)

3頭併せの真ん中から馬なりのままラストは11秒台前半で先着。

併せた時の反応も良く、集中していて走りのバランスが非常に良い。

トーセンスーリヤ

南W 5F66.8-11.3 単走強め

個人的評価:B+(8.5-9.0点)

単相で強めに追われてラストは迫力のある動き。

元々調教は動く馬だが、今回もしっかり反応して伸びており状態は高いレベルにある印象。

ラストドラフト

南W 5F65.7-11.8 併せ馬なり先着

個人的評価:B+(8.5-9.0点)

2頭併せの外から楽な手応えのまま先着。

併せた時の反応も良く、活気ある動きで前走と比較して明らかに状態がアップしている。

グランアレグリア

南W 5F80.0-11.7 併せ仕掛け先着

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せの内から軽く仕掛けられて少し先着。

この馬としては直前も早めの時計で追われており、中間もかなり乗り込まれている。

若干併せた時の反応が鈍い気もするが、ここに向けて間に合った感じはする。

スワンSの追い切り好調馬 厳選1頭

ギルデッドミラー

坂路 52.6-12.3 単走馬なり

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

単走馬なりで軽い足さばき。

前走は+10kgだったが、今回はスッキリ仕上がっている印象。

走りに若干力みもあるが、気性的にマイルや忙しすぎる1200よりは阪神1400のほうが合うと思う。

アルテミスSの追い切り好調馬 厳選1頭

フォラブリューテ

美浦坂路 53.5-12.2 単走馬なり

個人的評価:A(9.0点)

坂路で馬なりのままラストも素軽い動き。

1週前は南W6F83.9-11.7でキレのある動き。

前進気勢が強く瞬発力高い走りで、しっかり溜めれば弾けそうな雰囲気。