【マイルCS&東スポ杯2歳S 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

マイルチャンピオンシップの追い切り評価と予想まとめ

2021年マイルCSの最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。 (東スポ杯2歳Sの厳選1頭も紹介)

この記事の結論
今回の調教で一番良く見えた馬は「シュネルマイスター」でした。

【調教タイム 前走比較】マイルCSの追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。

グランアレグリア

南W 6F80.3-12.2 併せ馬なり先着

個人的評価:B+(8.5点)

レイエンダと併せて余裕を持って1馬身先着。

特に力むこともなく、直線の走りもスムーズ。

中間は早い時計はないが坂路で乗り込まれており、上積みというよりも体調キープの調整に見える。

シュネルマイスター

南W 5F69.4ー11.7 併せ馬なり先着

個人的評価:S(10.0点)

アルビージャと併せて素軽い動きで先着。

1週前は南W5F66.8-11.2秒。併せ仕掛け先着。

道中は我慢が効いていて、仕掛けた時の反応が非常によい。

ここに向けて万全に仕上がった印象。

インディチャンプ

坂路 51.8-12.7 併せ一杯併入

個人的評価:B+(8.5点)

イメルと併せて強めに追われて併入。

帰厩後に坂路で4本追い切りを行っており、これまで通り乗り込まれている。

安田記念と比較すると終いの時計はかかっているが、全体時計は全く同じ。

正直、本番は次の香港という感じもするが、ここに向けて8~9分は仕上がっているような印象。

サリオス

南W 5F67.4-12.1 併せ馬なり併入

個人的評価:B+(8.5-9.0点)

3頭併せで軽快な走りのまま併入。

手前替えもスムーズで安田記念の頃よりも走りの雰囲気が良い。

休み明けでも体調は良さそうに見える。

グレナディアガーズ

坂路 53.0-12.1 併せ馬なり併入

個人的評価:A(9.5点)

2頭併せで余裕を持ったまま併入。

前走は少し重めに見えたが、それと比べるとかなり素軽くなっている。

1週前はCW6F82.3-11.3。併せ強め先着。

直線は非常にキレのある動きで、前走以上に加速がスムーズ。

明らかに上積みが感じられる。

ダノンザキッド

CW 5F67.8-11.7 単走馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

単走でサッと流す調教で、変わらず動きは力強い。

前走は休み明けでもかなりいい状態だったが、今回もその状態をキープできている印象。

カテドラル

坂路 52.3-12.1 単走馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

前走もいい雰囲気だったが、今回もそれ以上にいい時計で動けている。

ただ、寒い時期は得意なタイプではないと調教師も明言しているので、そのへんがさらに相手強化になってどうか。

ホウオウアマゾン

坂路 53.7-12.4 単走馬なり

個人的評価:A(9.0点)

坂井騎手が乗って終始軽快な走りができている。

1週前はCW6F78.6-11.9の好時計。

これまで以上に充実した調教を積めており、状態はかなり良さそうに見える。

ケイデンスコール

坂路 54.9-12.0 単走馬なり

個人的評価:B+(8.5-9.0点)

前走よりも軽めの調教で軽快な走り。

1週前に坂路で好時計も出せており、得意の涼しい時期で上積みが期待できる。

ロータスランド

坂路 52.0-11.9 単走仕掛け

個人的評価:B+(8.5点)

単走で仕掛けられるとしっかり伸びた。

後半2ハロンは11秒台で動けており、相変わらず坂路での動きは良い。

1週前は併せ馬で追われており、前走からの変わり身が期待できそう。

サウンドキアラ

坂路 51.7-12.2 単走馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

単走で入れ込むこともなくスムーズな動き。

スワンSから変わらずいい状態をキープできている印象。

ダーリントンホール

南W 6F85.2-11.7 併せ馬なり先着

個人的評価:B+(8.0-8.5点)

外目からラストはシャープな動き。

2週続けて南Wで11秒台で動けており、喉手術の長期休み明けの反動もないように見える。

【マイルCS2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • シュネルマイスター
  • グレナディアガーズ
  • ホウオウアマゾン

B+評価の中で気になる馬

  • サリオス
  • ケイデンスコール
  • グランアレグリア

私の予想↓

◎シュネルマイスター

◯グレナディアガーズ

▲ホウオウアマゾン

△サリオス

△ケイデンスコール

☆グランアレグリア

東スポ杯2歳Sの追い切り好調馬 厳選1頭

東スポ杯2歳Sで特に調教で気になったウマです。

ダンテスヴュー

荻野琢真騎手が乗ってCW6F84.2-12.4。併せ仕掛け併入。

OP馬ジュンライトボルトを追走して直線ではしっかり反応して動けている。

見た目もスッキリした馬体で長く瞬発力ありそうな走り。

トモはまだ成長途上だが東京は合いそう。