【阪神JF・中日新聞杯・カペラS 2021 予想】最終追い切り好調馬 厳選1頭紹介

ステルナティーア
阪神JF・中日新聞杯・カペラS追い切り好調馬

2021年阪神JF&中日新聞杯&カペラSの最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

この記事の結論
今回の調教で一番良く見えた馬は「ステルナティーア」でした。

阪神JFの追い切り好調馬【調教タイム 前走比較】

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。

ステルナティーア【A+】

南W 6F84.2-11.5 併せ仕掛け併入

個人的評価:A(9.5点)

ぬかるんだ馬場の中で終いは非常にキレのある動きができている。

ルメール騎手が手を動かした時の反応が素晴らしく、道中の折り合い面も文句なし。

1週前にしっかり負荷をかけて、最終追い切りの反応も○。

ここに向けて至って順調な仕上がり。

中日新聞杯の追い切り好調馬

ボッケリーニ【A】

CW 4F52.3-11.5 単走一杯

個人的評価:A(9.0点)

序盤はゆったりと入って、直線は強めに追われてしっかり伸びている。

前走も同じような追い切りだったが、今回のほうが時計・反応ともに明らかに良化している。

一度使われた上積みを感じる。

カペラSの追い切り好調馬

リュウノユキナ【B+】

美浦坂路 53.7-12.7 単走仕掛け

個人的評価:B+(8.5-9.0点)

雨で重くなった馬場でも最後まで力強い動き。

そこまで時計は目立たないが、年齢的に大きな変動が少なく、状態は高いレベルで安定している印象。