本予想【2019朝日杯FS】追い切りタイム評価 私の見方まとめ

【枠順確定後】朝日杯FS 追い切りタイム・動き考察 私の見方 最終予想まとめ

↓2019年 朝日杯フューチュリティステークスの枠順です。

2019年朝日杯FSの枠順と騎手。

【枠順確定後】朝日杯FSの追い切り時計データ・動き考察重視「最終予想」記事です。

実際私もこの予想の馬券を責任を持って買う予定です。(毎回結果はブログでUPしてます)

YouTubeの方でも朝日杯FSの追い切り考察動画を上げています。

朝日杯FS 追い切りタイム考察&評価ランキング

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

1位 ペールエール

  • 前走:栗坂 良 助手- 52.8 38.4 24.4 12.1 一杯
  • 今回:栗坂 良 マーフ- 53.2 38.0 24.6 12.4 併せ先着 馬也

追い切り本数:8→5

馬体重:500
前走馬体重:494

評価:A

1週前はCWでトロワゼトワル、アルファライズの3頭併せで79秒台ラスト11.8のかなり負荷をかけた調教で、追われた時の反応も良かった。

同じ調教内容だった前走の1週前と比較しても、時計・動きはかなり良い。

最終追い切りは坂路で余裕を持った走りで、ここに向けての仕上がりは良さそうな印象。

見ている限りは、テンは後ろから入って、ゴール前で並んで入って、手応えも余裕を持って入ったので、良い調教だと思います。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=164536

2位 サリオス

  • 前走:南W 良 石橋脩 モヤのため計時不能 併せ馬 馬也
  • 今回:南W 稍 助手- 68.0 53.3 39.2 12.8 併せ併入 位置5 馬也

追い切り本数:7→8

馬体重:546
前走馬体重:540

評価:A

中間はこれまでと変わらず、南Wで3頭併せの追い切り。

2週前、1週前ともに南W6Fで追われていて、時計面でも前走以上に早く、これまで以上に負荷がかけられている。

最終追い切りは、直線でも終始手応え十分の走りで、右回りの走りもスムーズ。

ここに向けての仕上がりはかなり良さそうな印象を受ける。

あとは初の阪神コース+長距離輸送が未知数。

「最後の手応えも良かった。季節が涼しくなって馬も過ごしやすく、体調は上がっています。体のラインが競走馬らしくなってきましたね」と胸を張った。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=164550

3位 タイセイビジョン

  • 前走:栗坂 良 ルメー- 55.2 39.4 25.1 12.3 併せ併入 馬也
  • 今回:栗坂 良 助手- 55.4 39.6 25.4 12.5 G強

追い切り本数(前走と今回の比較):6→3

馬体重:468
前走馬体重:460

評価:A

これまでと変わらず、坂路主体の調整。

1週前は少しかかり気味だったが、52秒台でラスト12.0と、この馬としては非常に良い時計。

最終追い切りは終いだけ軽く追う程度で、1週前と比べて道中の折り合いも付いていた。

気性面だけ気になるが、仕上がりは前走と比較してもかなりよく見える。

余田助手は「先週、武豊騎手が騎乗した併せ馬では伸び伸び走っていました。だから、今週は上がり重点に。しまいまでリラックスして、我慢が利いたケイコを消化することができました」と納得の表情を見せた。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=164549

4位 トリプルエース

  • 前走:栗坂 良 和田- 52.8 38.1 25.1 13.1 一杯
  • 今回:栗坂 良 助手- 52.1 37.7 24.6 12.6 一杯

追い切り本数:8→7

馬体重:466
前走馬体重:478

評価:A

これまでは1週前&最終追い共に坂路のパターンだったが、今回は1週前CW→最終追い坂路に変えてきている。

CWでは終いまでしっかり伸びていたし、最終追いの坂路も終いまで時計は出ていた。

前走と比較すると、上積みは大きく感じる。

ジョッキーには馬の感じを掴んでもらうのと、しっかりと体を使わせてほしいとお願いしました。時計的にも内容的にもすごく良い追い切りができたと思います。ジョッキーも好感触を得てくれたので、良い追い切りができました。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=164537

5位 ラウダシオン

  • 前走:CW 良 助手- 69.3 53.7 39.5 11.7 位置9 馬也
  • 今回:CW 良 ルメー80.9 64.4 50.6 38.0 11.9 位置9 馬也

追い切り本数:6→6

馬体重:486
前走馬体重:490

評価:B+

木曜追いでCW単走80.9、終いも11.9を馬なりで楽に出せている。

1週前もCW単走6F85秒台で終い11.8と、上がり重視の調整は前走と変わらず。

時計面だけ見ても前走以上に動けている印象で、特に最終追い切りの動き・雰囲気はかなりよく見えた。

斉藤崇師も「時計も速かったし、いい動きでした。前のめりになるところがあるので、バランス良く走れるかがテーマだったのですが、すごくいいバランスで走れていましたね」と質の高い調教を消化して、満足げにうなずいた。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=164581

6位 ビアンフェ

  • 前走:栗坂 良 助手- 53.0 37.7 24.1 12.1 一杯
  • 今回:栗坂 良 藤岡佑- 53.3 38.3 24.3 11.8 一杯

追い切り本数:4→4

馬体重:544
前走馬体重:534

評価:B+

2週続けて坂路53秒台で、上がりの時計も早く、集中した走り。

前走は爪の不安とゲート練習もあり、そこまで順調な調整過程ではなかったが、今回はそれと比較すると、かなり上積みを感じる調整内容。

あとは距離延長がどうかというところ。

藤岡佑騎手は「手応えが良く、ずっと弾んでいました。これくらいの時計は楽に出ますし、馬力があってグングン進んでいきますね」と好感触。見届けた中竹調教師も「順調に来たのが、きょうの動きの良さに表れていた。前走からの上積みはかなり大きい」と胸を張った。

https://race.sanspo.com/keiba/news/20191212/pog19121205060008-n1.html

7位 レッドベルジュール

  • 前走:CW 良 武豊- – 52.7 38.6 12.2 併せ先着 位置7 仕掛
  • 今回:栗芝 良 スミヨ- 69.5 52.2 37.6 11.9 併せ併入 位置2 馬也

追い切り本数:5→5

馬体重:480
前走馬体重:478

評価:B+

1週前はCWで仕掛けられるまでかかり気味だったが、追われるとしっかり反応して11秒台のキレ。

最終追い切りは、芝で内から反応を軽く見る程度の調教で、直線は手応えに余裕があり、この馬なりに良くなってきた印象。

鞍上は「調教師の指示通りに乗りましたが、そんなに乗るのが難しい馬ではないですね。指示通りの動きをしてくれましたし、文句はないです」と合格点をつけた。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=164551

8位 ウイングレイテスト

  • 前走:美坂 良 松岡- 54.1 40.1 25.8 12.8 馬也
  • 今回:南W 稍 松岡- 70.5 55.2 41.0 12.8 併せ先着 位置8 馬也

追い切り本数:8→4

馬体重:498
前走馬体重:488

評価:B+

2週続けて南Wで併せて、最後まで余裕のある動き。

休み明けを使われて、かなり素軽くなってきた印象を受ける。

(馬体の変化は?)
「体は引き締まっていますが、馬体重は減るよりもむしろ増えていて、筋肉のスジとか明らかに今までと違って馬体の良化は間違いないです」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=164539

【その他短評】追い切り時計・動きで気になる馬

マイネルグリット…1週前にCW単走で終い11秒台スピード感ある動き。最終追い切りはCWで軽く流す程度。小倉2歳Sと似たような調整で、叩かれて変わり身あれば。

ジュンライトボルト…1週前にCW単走長め、最終追いでCW3頭併せで、終い11秒台のキレ。間隔が詰まっているが前走の状態は維持できている印象。

タガノビューティー…1週前にCWで終い11秒台。最終追い切りは坂路併せ馬でしっかり反応して先着。前走以上に動けている。芝適正が未知数だが、状態は良さそう。

【購入馬券】2019朝日杯FS 追い切り重視 駿平の本予想

◎3ペールエール

◯6サリオス

▲8タイセイビジョン

△4トリプルエース

☆16ラウダシオン

というわけで、追い切りで特によく見えたのはこの5頭でした。

馬券はシンプルにペールエール軸で印4点にワイド流しで行こうと思います。

それでは!