枠順確定【2019菊花賞 穴馬】追い切りタイム考察&最終予想

枠順確定後の菊花賞 追い切り重視予想 好調教馬4頭厳選。最終結論。

↓2019年 菊花賞の枠順です。

1-1 ザダル(牡3、石橋脩・大竹正博)
1-2 ニシノデイジー(牡3、C.ルメール・高木登)
2-3 カリボール(牡3、藤井勘一郎・須貝尚介)
2-4 ユニコーンライオン(牡3、岩田康誠・矢作芳人)
3-5 ワールドプレミア(牡3、武豊・友道康夫)
3-6 ディバインフォース(牡3、横山典弘・寺島良)
4-7 ヒシゲッコウ(牡3、C.スミヨン・堀宣行)
4-8 メロディーレーン(牝3、坂井瑠星・森田直行)
5-9 ヴァンケドミンゴ(牡3、藤岡佑介・藤岡健一)
5-10 カウディーリョ(牡3、M.デムーロ・堀宣行)
6-11 シフルマン(牡3、松山弘平・中尾秀正)
6-12 レッドジェニアル(牡3、酒井学・高橋義忠)
7-13 ヴェロックス(牡3、川田将雅・中内田充正)
7-14 サトノルークス(牡3、福永祐一・池江泰寿)
7-15 ホウオウサーベル(牡3、蛯名正義・奥村武)
8-16 ナイママ(牡3、柴田大知・武藤善則)
8-17 タガノディアマンテ(牡3、田辺裕信・鮫島一歩)
8-18 メイショウテンゲン(牡3、池添謙一・池添兼雄)

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=161835

【枠順確定後】菊花賞の追い切り考察重視「最終予想」記事です。

実際私もこの予想の馬券を責任を持って買っています。(毎回結果はブログでUPしてます)

ユーチューブでも菊花賞の追い切り考察動画をあげています。

菊花賞 個人的追い切り考察&評価ランキング

私の追い切り評価の基準は、今回の調教と過去の調教を比較しての「変化・成長度合い」を重視しています。

もしくは前走が凄くいい状態であったならば、今回もそのいい状態をキープできているのか?という点でも見ています。

調教時計や動きはnetkeibaプレミアム会員が見れる動画やタイム(中間含む)を参考にしています。

他にもJRA-VANにも加入しており、そこの追い切り動画も見ています。

※追い切りタイムにある「位置」は1~9まであり、数字が大きいほどコース外を回ったということです。

↓【参考】調教後の馬体重(左から馬番、馬名、馬体重、計測日と場所、前走馬体重)

1番 ザダル       486(16日美浦) 492
2番 ニシノデイジー   498(16日美浦) 488
3番 カリボール     494(17日栗東) 490
4番 ユニコーンライオン 528(16日栗東) 516
5番 ワールドプレミア  486(17日栗東) 472
6番 ディバインフォース 450(17日栗東) 446
7番 ヒシゲッコウ    489(16日美浦) 486
8番 メロディーレーン  342(17日栗東) 338
9番 ヴァンケドミンゴ  464(17日栗東) 456
10番 カウディーリョ   447(16日美浦) 448
11番 シフルマン     502(17日栗東) 502
12番 レッドジェニアル  494(17日栗東) 488
13番 ヴェロックス    498(17日栗東) 490
14番 サトノルークス   472(17日栗東) 462
15番 ホウオウサーベル  494(17日美浦) 488
16番 ナイママ      486(16日美浦) 472
17番 タガノディアマンテ 478(16日栗東) 474
18番 メイショウテンゲン 462(17日栗東) 446

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_19052.html

1位 ニシノデイジー

  • 前走:南W 良 勝浦 – 67.4 52.0 39.0 13.1 位置7 馬也
  • 今回:南W 良 ルメー – 66.4 51.4 37.9 12.8 併せ先着 位置6 馬也

評価:A

追い切り本数:7→5

在厩で調整。

最終追い切りも併せでしっかり追ってきて、1週前と比較して一気に素軽くなった。

2週続けて併せ調教で、これまで以上に攻めた調整。

前走は全て単走だったので、明らかに今回は本気仕上げという印象で、今回のメンバーの中で一番中間の調整に変化を感じたので評価高め。

「動きはとても良かった。(直線は)自分から加速して状態は良さそう。ゴールの後も全然疲れていない感じです」

https://hochi.news/articles/20191016-OHT1T50202.html

問題点としては、京都が初コースで未知数。なおかつルメール騎手で過剰人気になっている点。

2位 ヴェロックス

  • 前走:CW 良 川田 82.6 66.6 52.0 38.2 12.4 位置6 G強
  • 今回:CW 良 助手 85.2 68.4 52.7 37.5 11.5 位置9 馬也

評価:A

追い切り本数:8→5

在厩で調整。

最終追い切りはコース大外を回って、ラストもキレのある動き。

1週前にしっかり併せで負荷をかけられており、一度使われて順調に良化してきた印象。

見守った中内田師は「先週やっているので調整程度。リズム良く運べていましたし、力むことなくしまいも伸びていた。状態はいいと思います」と充実ぶりを伝える。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=161856

堅実に走るタイプで、京都も経験しているし、このメンバーならチャンスはかなりあるように思える。

3位 レッドジェニアル

  • 前走:栗坂 良 助手 – 56.4 40.4 25.8 12.5 強め
  • 今回:CW 良 助手 – 71.1 55.2 40.5 12.3 併せ併入 位置8 馬也

評価:B+

追い切り本数:7→6

在厩で調整。

最終追い切りはいつも坂路で追われていたが、今回はCWに変えて折り合い重視の調整。

1週前、日曜日と坂路で負荷がかけられており、最終追い切りもしっかり折り合っていて、叩かれた効果が見られる。

調教師のコメントからも、ここに向けて順調に仕上がってきた印象。

「テンションが高くなりすぎないよう、つかず離れずの併せ馬。予定どおりの調教を消化し、状態面は何の問題もない。春に比べて精神的に安定。3000メートルは未知の世界だが、いい心臓をしているので、落ち着いて臨めれば」と、高橋忠調教師は手応えを感じさせていた。

http://race.sanspo.com/keiba/news/20191017/ope19101711460021-n1.html

得意の京都に変わるのはプラスで、あとは3000mを克服できるかどうかだけ。

4位 サトノルークス

  • 前走:CW 良 助手 81.1 65.0 51.3 37.1 11.7 併せ先着 位置7 馬也
  • 今回:CW 良 福永 – 66.8 51.8 39.0 11.9 併せ併入 位置8 馬也

評価:B+

追い切り本数:7→6

在厩で調整。

1週前にCWでソーグリッタリングと併せて、追われるとしっかり反応して先着。

最終追い切りは福永騎手が騎乗して、折り合い重視の調整。

調教師のコメントからも前走は急仕上げで、今回は一度叩かれてしっかり仕上げてきたという印象。

――前走のセントライト記念を振り返ってください。
池江 状態に関してはやや急仕上げの感がありました。もう1本欲しいな、という状態のレースでした。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=161789&rf=kmatome

この馬の課題としては、福永騎手が3000mをどう折り合って進めるかというところ。

5位 ワールドプレミア

  • 前走:栗坂 良 武豊 – 52.7 38.3 24.7 12.4 併せ併入 馬也
  • 今回:栗坂 良 助手 – 54.4 39.7 26.0 12.7 馬也

評価:B+

追い切り本数:8→6

在厩で調整。

1週前にCW単走で集中したいい動きで、レース後の疲れもなく順調な調整が出来ている印象。

春先よりも走りがパワフルになり、これまで以上に叩かれた上積みを感じるデキ。

ただ、調教後の馬体重が+14kgとちょっと重めなのが気になる。

友道調教師「まだ競馬へいってのテンションなどに課題はありますが、順調な仕上がりでレースへ臨めるという点では今回が最もいい状態。それが何よりですね」

https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1588095/

課題としては、スローでの折り合いと3000mの距離適性が未知数。前走も道中かかりっぱなしだったので。

その他、気になる馬(短評)

・ホウオウサーベル 1週前に南Wでキレのある動き。乗り込み量豊富で、一発あってもおかしくない。個人的には関西輸送初+右回り未経験が気になって評価下げた。

・ザダル 南Wと坂路を併用して、順調な仕上がり。個人的には距離適性と関西輸送がネックだと思ってやや評価下げた。

・ユニコーンライオン 1週前にCW3頭併せで余裕を持ったいい動き。一度使われてこの馬なりに良化している。

・ヒシゲッコウ 元々調教で動かない馬だが、今回もあまり動きはよく見えない。乗り込み量は豊富なので、本番ではしっかり走ってくるのかも。

・シフルマン 最終追い切りは仕掛けられるとしっかり反応してラスト11秒台のキレ。叩かれて良くなるタイプで、順調に良化している。あとは力関係。

・カウディーリョ 最終追い切りは南W単走で、ラストも12.3秒と軽快な動きで状態良さそう。ただ、関西輸送が初+相手強化でどこまでやれるかがかなり未知数。

【購入馬券】2019菊花賞 追い切り重視予想まとめ

◎2ニシノデイジー

◯13ヴェロックス

▲12レッドジェニアル

△14サトノルークス

というわけで、追い切りで特によく見えたのはこの4頭でした。

馬券はいつもどおりこの4頭のワイドボックスで勝負します。

それでは!