【アルゼンチン共和国杯 2020 予想】最終追い切り 考察&評価まとめ

2020アルゼンチン共和国杯の追い切り評価&予想

2020年アルゼンチン共和国の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】アルゼンチン共和国杯の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順上位5頭+それ以外で個人的に良かった馬をピックアップしています。

ユーキャンスマイル

坂路良 53.8-38.8-12.4 単走 強め

個人的評価:B+(8.5ー9.0点)

坂路単走で強めに追われる内容。

前走と同じく坂路での最終調整で、この馬としては終いまで動けている。

8月中頃に栗東に帰厩して、ここに向けてしっかり乗り込まれて仕上がった印象。

あとは58キロ背負って、軽い馬相手に対応できるどうかだけ。

オーソリティ

南W良 5F69.1-39.8-12.5 併せ先着 強め

個人的評価:B(7.5点)

かなり遅めの時計で、道中かかり気味だったが、直線追い出すとしっかり伸びて先着する内容。

1週前も長めから追われて楽に先着できているが、気性面が少し気になる。

時計面で前走より少し物足りなさもあるが、骨折明けとしては態勢は整った印象。

サンレイポケット

坂路良 53.7-39.0-12.3 単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.0ー8.5点)

坂路単走で終いを伸ばす内容。

前走より全体時計は遅めだが、終いの反応は良好。

この馬なりにいい状態をキープできている印象。

メイショウテンゲン

CW良 6F86.441.5-12.5 単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.0点)

CW単走で、最後だけ軽く気合を入れられる内容。

輸送も考慮して、宝塚記念よりかなり軽めの内容だが、1週前は併せ調教でしっかり負荷をかけている。

ただ、全体的にCWでの時計は遅め。

とはいえ、9月16日に帰厩して、ここを目標に追い切りも消化できており、休み明けとしては悪くない印象。

サトノルークス

CW良 6F83.138.5-12.1 併せ先着 仕掛け

個人的評価:B(7.5ー8.0点)

前走は坂路だったが、今回はCWでの最終調整。

アイスバブルと併せて内目から余裕を持って先着する内容。

併せた時の反応も悪くなく、この馬なりには動けている印象。

ただ、前走も同じように調教ではいい動きだったので、これが本番で出せるかどうかが気になるところ。

その他、調教でいい動きだと思った馬

・ラストドラフト8.5

美浦P5F63.8-12.3。併せ馬なり併入。

2頭併せの内から手応え良く馬なりのまま併入する内容。

併せた時の反応も良く、素軽い動き。

1度使われて順調に良くなっている印象。

・サンアップルトン8.0-8.5

美浦坂路52.8-12.6。併せ仕掛け併入。

3頭併せの内から軽く仕掛けて併入。

前走は南W中心だったが、日経賞のときと同じような調教に戻した。

休み明けを叩いて、良化が期待できそう。

・ベストアプローチ8.0-8.5

美浦坂路52.2-12.4。併せ仕掛け先着。

3頭併せの外から大きく先着する内容。

久々だがしっかり乗り込まれており、坂路の動きも良好。

東京コース&距離延長もプラスで、出られるなら穴として面白そう。

【アルゼンチン共和国杯2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • なし

B+評価の中で気になる馬

  • ユーキャンスマイル
  • ラストドラフト
  • サンレイポケット
  • サンアップルトン
  • ベストアプローチ

私の予想↓

  • ◎ユーキャンスマイル
  • ◯ラストドラフト
  • ▲サンレイポケット
  • △サンアップルトン
  • ☆ベストアプローチ

ユーキャンスマイルはここを目標に8月からしっかり乗り込まれており、休み明けでも十分動ける状態にあると思います。

ラストドラフトは、前走より調教の動きが素軽く感じました。叩かれて順調に良化していると思ったので評価をあげました。

他だとサンレイポケット、サンアップルトン、ベストアプローチあたりも、調教の雰囲気がよく感じましたので評価しました。