【中山記念 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

中山記念の追い切り予想。

2021年中山記念の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】中山記念の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

ヒシイグアス

南W良 5F68.5-39.6-12.6 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

2頭併せの内で持ったまま併入する内容。

1週前は南W5F67.0-12.5。3頭併せで併入。少し鈍目の反応に見える。

1週前が追った時の反応が微妙に思えたが、最終追い切りは持ったまま活気ある動きで、日曜追いの効果が出ている印象。

まだ良くなって来そうだが、現段階の仕上がりとしてはしっかり間に合った感じに見える。

バビット

坂路良 55.3-40.5-12.7 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

坂路で終いだけ伸ばすいつもの内容で、終いまで集中した走り。

1週前に強めに追われて順調に良くなっている印象で、久々でも力は出せそうな雰囲気。

クラージュゲリエ

CW良 6F85.439.3-12.7 併せ遅れ 仕掛け

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

2頭併せの内を回って、最後仕掛けられるも馬なりの相手に半馬身ほど遅れる内容。

追われてからの反応がイマイチで、この馬特有の気性面の悪さが出た感じ。

ただ、1週前はCW83.2-12.8でしっかり先着しており、前走と比較すると動けている。

全体的に3歳時よりズブくなっている印象だが、それでも結果が出ているので、変わらず順調と判断したほうが良いのかも。

ウインイクシード

南W良 5F67.9-39.8-13.1 併せ併入 仕掛け

個人的評価:B(7.5~8.0点)

3頭併せの真ん中で最後仕掛けられて併入する内容。

1週前は南W5F68.9-12.6で強めに追われて遅れる内容。

全体的に地味だが、この馬としてはいつもどおりのパターンで変わらず来ている印象。

その他、気になる馬

・パンサラッサ8.5

坂路52.8-12.1。単走仕掛け。

軽く仕掛けられて終いまで動けている。

中2週だが、特に疲れなく良い調教が出来ている印象。

・トーセンスーリヤ8.0-8.5

美浦坂路52.5-11.9。単走馬なり。

単走で最後までパワフルな動き。

元々南Wでもいい時計で動く馬で、今回も調教は動けている。

久々でも仕上がりは良さそうだが、あとは爪の不安での長期休養だけに、実践に行ってどうかは未知数。

・ビターエンダー8.0-8.5

南W5F66.7-12.8。馬なり併せ先着。

2頭併せの内から楽に先着する内容。

いつもこれくらいは動いているので、変わらずこの馬なりに良く仕上がっている印象。

【中山記念2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • なし

B+評価の中で気になる馬

  • バビット
  • パンサラッサ
  • ヒシイグアス
  • クラージュゲリエ

私の予想↓

  • ◎バビット
  • ◯パンサラッサ
  • ▲ヒシイグアス
  • △クラージュゲリエ

今回はあまりピンと来る馬がいなかったんですが、バビットは久々でも坂路55~56秒単走のいつものパターンで順調に仕上がっている印象を受けました。

距離短縮もプラスですし、ここ数戦よりは変わり身ありそうな気がします。

パンサラッサは、中2週ですが坂路でしっかり時計を出して、終いの動きも良かったです。

ヒシイグアスは、1週前追い切りが正直微妙でしたが、日曜追いをしたことで最終追いはだいぶ雰囲気が良くなってきた印象です。

クラージュゲリエは、全体的に地味ですが、前走と比較するとそこまで悪くないと言うか、いい意味で変わらず来ているという感じです。