【金鯱賞 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

金鯱賞の追い切り評価&予想。

2021年金鯱賞の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】金鯱賞の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

デアリングタクト

坂路良 52.9-38.3-12.2 単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.5点)

いつもは馬なりだが今回は軽く仕掛けて少し反応を確かめるような調教に見える。

1週前はCW6F82.6-12.2。併せ併入強め。

追われた時の反応が少し重いが、時計的にはまずまず動けている。

いかにも休み明けという調整で、まだ良くなりそうな雰囲気があるが、最終追い切りの反応を見る限りは、現状でも力は出せそう。

前走は追い出すと左にモタれる面があったので、その辺がどれくらい修正されているか気になる所。

グローリーヴェイズ

南W良 5F66.1-38.4-12.5 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

ハーグリーブスを併せて、外から馬なりのまま併入する内容。

1週前は南W5F66.2-12.6。併せ一杯先着で負荷をかけている。

先週強めに追われて、今週はだいぶ動きが軽快になってきた印象。

JCと比較すると物足りないが、休み明けとしてはまずまずな動きに見える。

ポタジェ

芝良 6F85.438.1-12.5 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

芝コースで2頭併せの内から馬なりのまま併入する内容。

1週前はCW6F85.9-12.0。併せ仕掛け先着。直線も余裕があり、仕掛けた時の反応も良好。

併せてから抜かせない走りができており、変わらず順調に仕上がっている印象。

ブラヴァス

P良 6F82.538.2-11.9 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

ポリトラックで軽く流す程度の調整。

1週前もポリトラックで6F80.1-11.5。単走仕掛け。終いは軽快な動き。

前走と違ってCWを使わずポリトラックメインなのが気になるが、動き自体は軽快で、折り合いもついていたし、休み明けでも状態は良さそう。

キセキ

坂路良 52.8-38.3-12.8 併せ先着 強め

個人的評価:B+(8.0点)

2頭併せで強めに追われて最後は1馬身以上先着する内容。

1週前はCW6F81.3-12.2。単走仕掛け。

道中は折り合いが付いて、終いの動きもまずまず良好。

状態は悪くなさそうだが、フットワーク的に中京のコースとの相性がイマイチという気もする。

その他、調教で気になる馬

・サトノフラッグ8.5-9.0

南W63.8-12.2。併せ一杯併入。

かなり内を回って、直線は前と差が開いていたが、最後の最後に追いつくような内容。

1週前も同じように内を回って、先に抜け出す内容。

前走は最終追い切りが坂路だったが、今回は2週続けてしっかり南Wで追われており、輸送もあるので、ある程度は絞れて来そう。

変わり身があってもおかしくなさそうな調教内容には見える。

・サンレイポケット8.5

坂路53.8-12.4。併せ一杯先着。

2頭合わせでびっしり追われて先着する内容。

1週前もCW79.2-12.1。単走馬なりで早い時計の中でも余裕のある動き。

使われつつもしっかり乗り込まれて順調に仕上がっている印象。

【金鯱賞2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • なし

B+評価の中で気になる馬

  • ポタジェ
  • サトノフラッグ
  • デアリングタクト
  • サンレイポケット
  • ブラヴァス

私の予想↓

  • ◎ポタジェ
  • ◯サトノフラッグ
  • ▲デアリングタクト
  • △サンレイポケット
  • ☆ブラヴァス

ポタジェは、1週前に併せでいい調教が出来ており、どんなコースでもしっかり能力の出せる勝負根性と精神力の強さが魅力だと思います。

サトノフラッグは、前走が坂路メインで結果的には少し重めだったかなという印象。今回は2週続けて南Wでしっかり追われており、輸送もあるので、変わり身がありそうな雰囲気を感じます。

デアリングタクトは、1週前の動きが少し重いかなと思いましたが、そこから良化して最終の坂路の動きはしっかり反応できていましたし、久々でも十分動ける状態にはありそう。

他だと、サンレイポケット、ブラヴァスの調教の雰囲気も良かったので、チェックしておきます。