【オールカマー 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

レイパパレ
2021オールカマーの追い切り考察&最終予想まとめ

2021年オールカマーの最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

この記事の結論
今回の調教で一番良く見えた馬は「ウインキートス」でした。

【調教タイム 前走比較】オールカマーの追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

※坂路は800m-400m-200mのラップタイムを記載しています。

レイパパレ

坂路良 53.0-24.7-12.1 併せ遅れ 強め

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せで強めに追われて最後は少しだけ遅れる内容。

1週前は坂路54.6-12.3。併せ強め併入。

宝塚記念と比べるとまだ途上感は否めないが、

それでもこの馬なりに終いは伸びており、休み明けとしては問題なく仕上がった印象。

グローリーヴェイズ

南W良 6F83.0-37.2-11.5 併せ先着 仕掛け

個人的評価:B+(8.5点)

3頭併せの真ん中で仕掛けられると最後まで伸びて先着。

1週前は南W6F85.0-11.3。併せ仕掛け先着。

これまでと比較しても併せてからの反応も悪くなく、久々でも十分力は出せそうな雰囲気。

ウインマリリン

南W良 5F67.0-37.4-11.3 単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.5-9.0点)

道中は折り合ってラストは非常に素軽い動きができている。

1週前は6F83.8-11.3。併せ併入強め。

1週前にしっかり負荷をかけて最終追い切りはキレのある動き。

手術明けだが特に影響を感じさせないいい状態に見える。

ランブリングアレー

CW良 5F64.3-36.0-12.1 単走 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

単走でサッと流す内容で、直線は気分良く走れている印象。

1週前はCW6F80.0-12.0。単走強め。

この馬としては早めの時計の中でも終いまでキッチリ伸びている。

久々だが太め感もなく雰囲気は良い。

ステイフーリッシュ

CW良 7F94.6-38.7-12.7 単走 一杯

個人的評価:B(7.5-8.0点)

いつもは坂路だが今回はCW長めから強めに負荷をかけられる内容。

1週前もCW6F82.1-12.8。併せ強め遅れ。

CWメインに変えて変わり身があれば…という印象。

その他、調教で気になった馬

※ロザムール、ゴールドギアの調教動画はなかったので評価していません。

ウインキートス9.0

南W5F68.0-11.1。併せ馬なり先着。

ラストは持ったままでキレのある動きができている。

1週前は南W6F80.5-11.7。単走馬なり。

休み明けを使って走りがかなり良くなってきた印象で上積みを感じる。

セタブリランテス8.5

南Wで5F67.3-11.5。併せ馬なり併入。

2頭併せの内から馬なりのまま併入。

前走は坂路だったが、今回は1週前も最終も南Wで追われて素軽い動きができている。

キングオブコージ8.5

CW6F82.7-11.8。単走馬なり。

CW長めから無理をさせずにラストは11秒台がでている。

1週前は坂路55.4-12.5。単走馬なり。

長期休養明けで未知数な部分も多いが、最終追い切りの動きはかなり良い。

サトノソルタス8.0-8.5

南W68.3-12.0。併せ馬なり遅れ。

3頭併せの内で馬なりのまま少しだけ遅れる内容。

1週前は南W83.2-11.6で負荷をかけて乗り込まれており、

ここに向けてこの馬なりに順調。

【オールカマー2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • ウインキートス
  • ランブリングアレー

B+評価の中で気になる馬

  • ウインマリリン
  • レイパパレ
  • グローリーヴェイズ
  • セタブリランテス

私の予想↓

◎ウインキートス

◯ランブリングアレー

▲ウインマリリン

△レイパパレ

△グローリーヴェイズ

☆セタブリランテス

ウインキートスは一度使われたことで南Wの動きがかなり素軽くなっている印象です。上積みを期待して高評価に。

ランブリングアレーは久々ですが最終追い切りはいい雰囲気で動けていますし、順調な仕上がり。

ウインマリリンは手術明けですがそれを感じさせないスピード感ある動きができていて、力は十分出せそうな雰囲気です。

他だとレイパパレ、グローリーヴェイズ、セタブリランテスあたりの調教も良かったのでチェックしておきます。