【京都大賞典 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

アリストテレス
京都大賞典の追い切り予想

2021年京都大賞典の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

この記事の結論
今回の調教で一番良く見えた馬は「ヒートオンビート」でした。

【調教タイム 前走比較】京都大賞典の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

※坂路は800m-400m-200mのラップタイムを記載しています。

アリストテレス

CW良 6F80.6-39.1-12.1 併せ遅れ 一杯

個人的評価:B+(8.5点)

3頭併せの内から一杯に追われて外の馬には遅れる内容。

1週前はCW6F81.2-11.8。併せ一杯先着。

もともと調教駆けするタイプではないが、その割には2週続けて終いも動けている印象。

同じ休み明けのAJCCと比較しても時計も悪くなく、ここに向けてリフレッシュして仕上がった印象。

ヒートオンビート

栗東芝良 5F63.4-36.9-11.8 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5-9.0点)

芝単走で手前替えもスムーズで軽快な走りが出来ている。

1週前はCW6F83.0-12.0。併せ一杯遅れ。

3頭併せの真ん中で強めに追われて競り負ける内容だが、この馬なりには終いも伸びている。

中間はCWでしっかり乗り込まれており、ここに向けての仕上がりは悪くない印象。

モズベッロ

坂路良 53.6-26.6-13.8 単走 馬なり

個人的評価:C(6.5-7.0点)

単走で終いもかなりモッサリした動きに見える。

1週前は坂路54.5-12.9。単走強め。

夏負けの影響か、宝塚記念と比較しても終いの走りが重苦しい。

ここを叩いて良化していければ…という雰囲気。

その他、調教で気になった馬

アイアンバローズ8.5

坂路51.9-13.1。単走仕掛け。

馬なりで軽く仕掛けて動かす調整。

手前替えがスムーズじゃなかった分終いがかかったが、

この馬としては全体時計が早く、久々でも前走と同じように動けている印象。

ベレヌス8.5

坂路52.9-12.4。単走馬なり。

この馬としては楽に坂路で好時計を出せている。

前走と比較しても動きは素軽く、いい状態。

ディアマンミノル8.5

CW6F81.6-12.5。併せ強め先着。

2頭併せの外からしっかり反応して先着する内容。

特に疲れなくこの馬なりに調子をキープしている印象。

ステイフーリッシュ8.5

坂路54.2-13.3。単走馬なり。

中1週なので無理をさせない内容。

心房細動から前走を一度使われて、しっかり立て直した感じがある。

オセアグレイト8.0-8.5

坂路54.1-12.5。併せ馬なり先着。

馬なりのまま併せたときの反応が良い。

中間も長めから乗り込まれており、久々だが仕上がりは悪くない。

キセキ8.0-8.5

坂路52.8-12.5。併せ強め先着。

2頭併せで最後は少しだけ競り勝つ内容。

1週前はCW6F81.7-12.1。併せ一杯先着。

自発的にというより、追われればしっかり伸びるという動き。

年齢的に大きな上積みはないが、この馬なりには動けている。

ダンビュライト8.0-8.5

坂路52.0-12.5。併せ仕掛け先着。

2頭併せで仕掛けられるとしっかり反応して先着。

前走、前々走と同じくらいは動けており、休み明けでも十分力は出せそうな雰囲気。

マカヒキ8.0

坂路53.4-13.0。単走馬なり。

1週前CW83.9-11.9。併せ遅れ。

ヒートオンビートと併せて外目を回って遜色ない動き。

上積みという感じではないが、1週前の雰囲気は良かった。

ヒュミドール8.0

南W5F67.4-12.3。単走馬なり。

1週前は南W5F66.8-12.3。併せ遅れ。

1週前が若干物足りない動きに見えたが、最終追い切りは気分良く走れており、この馬なりには状態をキープしている印象。

【京都大賞典2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • なし

B+評価の中で気になる馬

  • ヒートオンビート
  • アイアンバローズ
  • アリストテレス
  • ベレヌス
  • ディアマンミノル
  • ステイフーリッシュ

私の予想↓

◎ヒートオンビート

◯アイアンバローズ

▲アリストテレス

△ベレヌス

△ディアマンミノル

☆ステイフーリッシュ

ヒートオンビートはここに向けて中間は3頭併せでしっかり追われて乗り込まれており、直前の芝の走りも軽快でした。久々でも仕上がっていると見て高く評価しました。

アイアンバローズは坂路でこの馬としては楽に好時計で動けており、連勝中の勢いと馬の成長を感じます。

アリストテレスは併せで遅れてはいますが、AJCCと比べると反応良く動けており、同じ休み明けでも今回のほうが雰囲気は良いです。

他だとベレヌス、ディアマンミノル、ステイフーリッシュあたりの雰囲気も良かったのでチェックしておきます。