【AJCC 2020 予想】最終追い切り 全頭評価&穴馬まとめ

2020年1月26日

2020年アメリカジョッキークラブCの最終追い切り、全頭考察&予想まとめ。

2020年アメリカジョッキークラブCの最終追い切りタイム・動き 全頭考察記事です。

【全頭調教タイム 前走比較】AJCCの追い切り考察

YouTubeのほうでも無料でAJCC全頭追い切り考察をしています。

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※前回の最終追い切りと、今回の最終追い切りのタイムを記載しています。タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番はアイウエオ順です。木曜追いの馬については後日追記します。

ウラヌスチャーム

前回※:南W良 6F81.737.6-12.8 併せ遅れ 強め

今回:南W良 5F65.938.1-12.6 併せ先着 馬也

※近2走がCWのため、同じ南Wの2019中山牝馬Sとの比較。

個人的評価:B+

キングスバレイと併せて、内で楽な手応えのまま少し先着。

余裕のある走りで、動きはかなり良い。

1週前も南Wで79.8―12.8で、しっかり負荷をかけられており、ここに向けて順調な仕上がりに見える。

クロスケ

前回:南W良 5F69.1-40.5-12.8 単走 馬也

今回:南W良 5F66.4-38.4-12.6 単走 仕掛

個人的評価:B

前走と同じく南W単走。

この馬としては時計は早めだが、余裕のある走り。

前走の出来はキープできている印象。

グローブシアター

前回:坂路良 54.2-39.8-12.8 単走 馬なり

今回:CW良 6F85.2-39.3-12.0 併せ遅れ 一杯

個人的評価:C

3頭併せの外から一杯に追われて伸びてはいたが、内のワイドファラオには遅れる内容。

このひと追いでさらに良くなってくれば、という印象。

この馬は坂路で最終追い切りを行うと好成績を出しているだけに、今回は叩き台の印象が強め。

サトノクロニクル

前回:CW良 6F83.138.0-12.0 併せ遅れ 馬也

今回:坂路良 52.438.4-12.1 併せ先着 仕掛

個人的評価:C

坂路でプランドラーと併せて、軽く促されるとしっかり反応して先着。

2週前、1週前も坂路で52秒台を出して、坂路では乗り込まれている。

ただ、長期休養明けで、これまでCWメイン調整だったのが、坂路メインになっているのが気になる。

まだ脚元を見ながら、ソフトな仕上げという印象。

スティッフェリオ

前回:坂路良 52.5-38.0-12.4 併せ先着 一杯

今回:坂路良 52.4-38.3-12.9 併せ併入 一杯

個人的評価:B

坂路でミッキーマインドと併せて、手応えで劣って併入という内容。

有馬記念やオールカマーの時と比べると、少し反応が悪いかな?という印象。

ただ、全体時計を見ても、この馬なりには動けているので、力は出せる状態。

ステイフーリッシュ

前回:坂路良 53.5-39.1-12.6 単走 一杯

今回:坂路良 52.1-38.7-12.9 併せ併入 馬也

個人的評価:B+

パンサラッサと併せて、楽な手応えで併入。

1週前は坂路で一杯に追われてまだ動きが重苦しかったが、だいぶ状態が上向いてきた印象。

ニシノデイジー

前回:南W良 5F66.4-37.9-12.8 併せ先着 馬也

今回:南W良 5F66.0-36.9-12.3 併せ先着 馬也

個人的評価:A

3頭併せの内から、楽な手応えのまま抜け出す内容。

ここに向けての坂路の乗り込み量も豊富で、状態はかなりよく見える。

ブラストワンピース

前回※:南W良 4F50.3-36.5-12.7 併せ併入 一杯

今回:南W良 5F68.0-38.1-12.6 併せ併入 馬也

※2019大阪杯の最終追い切りと比較。

個人的評価:B+

南Wでマサノアッレーグラと併せて、終始馬也のまま併入。

併せた時の手応えよく、気合乗りも良い。

1週前に南W79.7-12.3としっかり負荷はかけられており、ここに向けて順調な印象。

マイネルフロスト

前回※:南W重 5F69.4-38.3-12.4 単走 強め

今回:坂路良 54.8-40.2-12.9 併せ併入 強め

※前走、2走前どちらも「モヤで計測不能」のため、最後に連対した「2017七夕賞」の最終追い切りと比較。

個人的評価:C

坂路で強めに追われて、手応えで劣って併入。

長期休み明けを叩いて、この馬なりには動けているが、今回のメンバーの中だとやや見劣る印象。

ミッキースワロー

前回:南W良 5F69.4-40.9-13.1 単走 馬也

今回:南W良 6F84.7-39.6-12.5 単走 馬也

個人的評価:B+

南W長めから単走で終いだけ伸ばすような調教。

ラストはキビキビと動けていて、雰囲気は良い。

1週前には3頭併せをこなせており、ここに向けて順調な仕上がり。

ラストドラフト

前回:南W良 5F67.5-38.6-12.5 併せ併入 馬也

今回:南W良 5F66.2-38.2-11.8 単走 馬也

個人的評価:A

最終追い切りは単走でさっと流す程度だったが、最後まで集中した走り。

2週前、1週前は南Wでマーフィー騎手が乗って、2週続けて5F64秒台と、この馬としてはかなり早めの時計。

ここに向けての本気度はかなり高めに見える。

ルミナスウォリアー

前回:南W良 5F69.3-40.9-12.7 併せ併入 強め

今回:南W良 5F68.5-40.3-12.6 併せ遅れ 一杯

個人的評価:C

3頭併せの内で一杯に追われて遅れ。

全体時計はこの馬としては出ているが、追われた時の反応は今ひとつに見える。

【AJCC2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • ニシノデイジー
  • ラストドラフト

B+評価の中で気になる馬

  • ミッキースワロー
  • ブラストワンピース
  • ウラヌスチャーム
  • ステイフーリッシュ

AJCC 私の予想↓

  • ◎ニシノデイジー
  • ◯ラストドラフト
  • ▲ミッキースワロー
  • △ブラストワンピース
  • △ウラヌスチャーム
  • △ステイフーリッシュ

馬券は、ニシノデイジー、ラストドラフト、ミッキースワローのワイドボックスが本線。

あとは、3連複フォーメーションで、◎ー◯▲ー◯▲△の7点も、おまけ程度に購入予定です。

私の馬券結果

追い切り予想の通りに買いました。

馬券の方はニシノデイジーが出遅れて、さっぱりな結果でした。

もう一頭のA評価のラストドラフトが来たので、まだまだ私の本命判断が悪いということですね。

ミッキースワローは勝負所でマイネルフロストの故障の影響をモロに受けた感じで、ツキがないと思いました。

それでは!

※【お知らせ】来週は根岸Sの追い切り考察をする予定です。