【日経新春杯2020 予想】最終追い切り 全頭評価まとめ

2020年1月19日

日経新春杯2020の全頭追い切り評価&予想。

2020年 日経新春杯の最終追い切り 全頭考察&予想記事です。

【全頭調教データ 前走比較】日経新春杯の追い切り評価

YouTube動画のほうでも無料で日経新春杯の全頭追い切り考察をしています。

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※前回の最終追い切りと、今回の最終追い切りのタイムを記載しています。タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番はアイウエオ順です。木曜追いの馬については後日追記します。

アフリカンゴールド

前回:CW良 6F84.439.7-11.7 単走 馬也

今回:CW良 6F80.938.5-12.1 単走 一杯

個人的評価:B+

CW単走で一杯に追われる内容。

前走よりしっかり負荷をかけた最終追い切り。

中間あまり時計を出していないが、動き自体は全く問題なさそう。

エーティーラッセン

前回:CW良 6F84.639.3-12.2 単走 一杯

今回:CW良 6F83.237.6-11.8 単走 一杯

個人的評価:B+

前走と同じくCW単走で一杯に追われる。

頭の高い走りだが、仕掛けられてからの反応は◎。

ここに向けて、仕上がりは良さそう。

サイモンラムセス

前回:坂路重 53.5-39.2-13.0 単走 馬也

今回:坂路良 56.6-41.7-13.6 単走 馬也

個人的評価:C

ここに向けて坂路での乗り込み量はかなり豊富。

ただ、長期休み明け+高齢馬だけに、上積みは疑問。

サトノガーネット

前回:坂路良 53.4-38.7-12.3 単走 仕掛

今回:坂路良 55.0-39.4-12.7 併せ先着 一杯

個人的評価:B

今回は坂路で併せ調教。

全体時計は地味だが、ラストはしっかり反応できていた。

このひと追いでさらに良くなれば。

スズカディープ

前回:CW良 6F81.637.7-12.1 併せ遅れ 一杯

今回:CW良 4F51.3-36.7-11.6 単走 馬也

個人的評価:なし

動画がないので評価はなし。

中間は坂路でも年末からしっかり乗り込まれている。

スズカディープ・橋田師 「攻めの動きは良かった。休み明けで体が増えているのもいい。軽ハンデでどこまで」

http://race.sanspo.com/keiba/news/20200117/ope20011705060007-n1.html

タイセイトレイル

前回:坂路良 51.9-38.0-12.7 併せ併入 馬也

今回:CW良 6F81.3-37.3-12.2 併せ先着 一杯

個人的評価:B+

CWで最終追い切りを行うのは初めて。

2頭併せの内からジワジワ伸びて先着。

1週前にも坂路で53.2-12.7と、この馬としては早めの時計。

最終をCWに変えて、しっかり絞れていれば。

チェスナットコート

前回:坂路良 51.7-37.7-13.0 単走 一杯

今回:坂路良 58.8-43.6-15.0 単走 馬也

個人的評価:なし

動画が見れなかったので評価なし。

中1週なので、終始軽めの調整という印象。

プリンスオブペスカ

前回:CW良 6F82.139.2-12.6 単走 馬也

今回:CW良 6F90.643.7-13.3 単走 馬也

個人的評価:C

中1週のため、軽めの調整。

手前替えでちょっとふらつき、スムーズな走りではなかった。

マスターコード

前回:坂路良 53.9-38.9-12.4 併せ併入 馬也

今回:CW良 5F69.5-39.3-12.0 併せ遅れ 一杯

個人的評価:なし

動画が見れなかったので評価はなし。

中間は坂路でも前走と変わらず乗り込まれている印象。

マスターコード・吉村師 「前走後も厩舎で順調に調整。格上挑戦ですが、京都の芝2400メートルは一番合うと思う」

http://race.sanspo.com/keiba/news/20200117/ope20011705060007-n1.html

メロディーレーン

前回:坂路良 56.0-40.5-13.1 併せ遅れ 一杯

今回:坂路良 55.9-40.4-13.9 併せ遅れ 一杯

個人的評価:B

坂路二頭併せで強めに追われるが、反応はイマイチ。

ただ、坂路で動かないのは前走も同じ。

時計的にはこの馬なりに動けているし、まずまずといった感じ。

モズベッロ

前回:坂路良 52.6-37.9-12.4 単走 馬也

今回:坂路良 53.9-38.9-12.3 併せ先着 強め

個人的評価:B

坂路二頭併せでちょっとかかり気味。

ただ、最後追われると、しっかり反応して先着。

ラスト1Fの走りは力強い。

レッドジェニアル

前回:CW良 6F88.840.5-12.2 併せ併入 馬也

今回:CW良 6F84.140.2-12.5 単走 馬也

個人的評価:B+

左だけチークピーシーズを付けて、CW単走で終いだけ伸ばす調教。

かなり軽めに映るが、動きはスムーズ。

中間も坂路は控えめで、気性面重視の調整という印象。

レッドレオン

前回:坂路良 52.8-38.8-12.8 単走 一杯

今回:坂路良 54.5-39.3-12.2 併せ遅れ 強め

個人的評価:B+

二頭併せで最後仕掛けられるも、手応えで劣って遅れ。

ただ、坂路では動かない馬の割に、ラストの上がりは悪くない。

1週前にもCW6F87.4ー11.7で、キレのある動きを見せている。

ロードヴァンドール

前回:CW良 6F83.139.7-12.8 単走 一杯

今回:CW良 6F81.638.2-12.4 単走 一杯

個人的評価:B+

いつも通り、CW単走で強めに追われる。

力強い動きで、最後までしっかり反応できている。

この馬なりに順調。

【2020日経新春杯】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

B+評価の中で気になる馬

  • アフリカンゴールド
  • レッドレオン

穴っぽい所で気になる馬

  • エーティーラッセン
  • ロードヴァンドール

追い切りの良かった順に予想をするならば、

  • ◎アフリカンゴールド
  • ◯レッドレオン
  • ☆エーティーラッセン
  • ☆ロードヴァンドール

今回はあまり追い切りでピンと来る馬がいなかったので、

本線はアフリカンゴールドの単複で行こうと思います。

あとはアフリカンゴールドーレッドレオンのワイドを少々。

アフリカンゴールドーレッドレオンーエーティーラッセン、ロードヴァンドールの3連複も少しだけ買う予定です。

※最終予想・購入馬券はパドックを見た上で判断します。馬券結果はブログで公開します。最終追い切りの段階では仮予想という形にしています。

私の予想・馬券結果(タテ目でした…)

基本はアフリカンゴールドの単複メイン。おまけ程度にアフリカンゴールドーレッドレオンのワイド。
3連複はアフリカンゴールドーレッドレオンの2頭軸で、あとは追い切りorパドックでよく見えたエーティーラッセン、ロードヴァンドール、プリンスオブペスカ、マスターコード、チェスナットコートに流しました。

馬券の方は、追い切りで推していたレッドレオンとエーティーラッセンが来たのに、完全タテ目でした。。

パドックでアフリカンゴールドがイレ込んでいて、すごく迷ったんですが、結局は追い切りでの予想をベースで購入。。

で、結果はタテ目でした…。

やっぱボックス買いに戻したほうが良いかも知れない。

唯一の救いは、過去の大負けの反省(学び)から、賭け上限3000円を厳守してるのは我ながら褒めてやりたいです;

そんな感じの日経新春杯の私の馬券結果でした。

【お知らせ】来週はAJCCの追い切り考察&予想を行う予定です!

それではまた来週。