【七夕賞 2020 予想】最終追い切り 全頭評価まとめ

2020年七夕賞の追い切り全頭考察&好調馬まとめ。

2020年七夕賞の最終追い切り(タイム) 全頭考察&予想記事です。

【全馬調教タイム 前走比較】七夕賞の追い切り考察

七夕賞全頭追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※前走の最終追い切りと、今回の最終追い切りのタイムを記載しています。タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

クレッシェンドラヴ

前回:南W稍重 5F68.9-39.3-12.2

併せ併入 馬なり

今回:南W重 5F66.6-37.9-12.3

併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

2頭併せの内から馬なりのまま併入する内容。

少し体が立派なのと、

かかり気味なのが気になるが、

最後まで抑えが効いて走れている点は好印象。

1、2週前は南W64秒台で負荷もかけられている。

ジナンボー

前回:南W良 5F68.1-38.5-12.5

併せ併入 馬なり

今回:南W重 5F69.0-40.0-12.7

併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せの内から馬なりのまま先着する内容。

1週前は南W67.1-11.8で、キレのある動き。

前走とほぼ同じような調整パターンで、

全体的に素軽い動きに見える。

マイネルサーパス

前回:南W良 5F68.4-39.8-12.7

併せ先着 馬なり

今回:南W重 5F67.0-37.7-12.5

併せ先着 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

2頭併せの外から馬なりのまま先着する内容。

毎回、手前替えの時に少しヨレているが、

それ以外は終始余裕があり、リラックスした走り。

中間の乗り込み量も10本と、これまで以上に乗り込んでいる。

ここに向けてかなりしっかり仕上げてきた印象を受ける。

ブラヴァス

前回:CW良 6F85.540.0-12.7

単走 馬なり

今回:DP良 6F80.237.9-12.7

単走 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

最終追い切りでポリトラックは、

2,3走前に連勝した時と同じパターン。

1週前はCW3頭併せで遅れたが、

しっかり負荷をかけられている。

中間の乗り込み量は11本と多く、

ここを目標にキッチリ仕上げてきた印象。

ウインイクシード

前回:南W良 5F67.1-39.6-12.8

併せ先着 馬なり

今回:南W重 5F68.8-38.7-12.4

併せ先着 仕掛け

個人的評価:B(7.5~8.0点)

2頭併せで内からキッチリ先着する内容。

仕掛けられた時の反応もよい。

中間はそれほど時計は早くないが、

乗り込み量もこれまで通り。

パッシングスルー

前回:(栗東)坂路良 52.1-37.9-12.5

単走 一杯

今回:南W重 5F65.7-37.1-12.5

併せ遅れ 仕掛け

個人的評価:B+(8.0点)

3頭併せの内から馬なりのまま併入する内容。

最終追い切りが南WなのはフローラS以来。

道中の行きっぷりよく、直線の反応も悪くない。

南W併せ馬メインの調整に変えて変わり身あれば。

ヒンドゥタイムズ

前回:CW良 6F84.839.2-12.0

併せ併入 馬なり

今回:CW不良 6F86.339.8-11.6

併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

2頭併せの内から馬なりのまま先着する内容。

終いのキレよく、変わらず好調。

中間もCW長めから終い11秒台連発。

ここに向けて仕上がりはよく見える。

ノーブルマーズ

前回:CW良 6F81.536.5-11.7

単走 仕掛け

今回:CW不良 6F83.337.8-11.8

単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.5点)

CW単走で最後に仕掛けられる内容。

坂路からCWに変えた前走と同じパターンで、

直線の反応・伸びもよく見える。

変わらず好調という印象。

リュヌルージュ

前回:CW良 6F85.638.4-11.7

併せ先着 強め

今回:CW不良 6F87.140.5-11.8

併せ遅れ※ 馬なり

※動画内では「併せ先着」と書いていて間違えていましたm(_ _)m

個人的評価:B(7.5~8.0点)

ヒンドゥタイムズと併せて、終いだけ伸ばすような内容。

直線のキレ勝負では遅れたが、

この馬なりに伸びており、

前走の調子は維持できている印象。

ヴァンケドミンゴ

前回:CW稍重 5F65.737.1-11.9

併せ併入 一杯

今回:DP良 5F62.735.9-11.9

併せ先着 一杯

個人的評価:B(7.5~8.0点)

2頭併せの内から強めに追われて先着。

CWからポリトラックに変わったのが気になるが、

動き自体は特に問題なく見える。

オセアグレイト

前回:南W稍重 5F67.0-38.3-12.6

併せ先着 仕掛け

今回:南W重 5F66.7-39.2-12.4

単走 仕掛け

個人的評価:B(7.5点)

単走で軽快な走り。

時計的にも動けているし、まずまずの動き。

中間は3本で、ややソフトな調整に見える。

エアウィンザー

前回:CW良 6F82.338.7-11.8

併せ先着 馬なり

今回:坂路不良 54.139.3-12.8

併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

今回は坂路のみで調整をしている。

最終追い切りは手応えに余裕があり、

使われつつ、動きは良くなってきている印象。

調教パターンの変更で変わり身あれば。

その他、短評

・アウトライアーズB

南W68.1-12.0。外から活気ある動き。変わらず順調。

・レッドローゼスB+

南W65.4-12.5。内から余裕のある動きで併入。

3週続けて南Wで早めの時計で追われている。

・ソールインパクトC

美P65.3-12.1。馬なり併入。久々もまずまずの動き。

ただ、中間は軽めが多く、乗り込み量が疑問。

・バレリオB

南W66.9-12.1。併せ併入。

手応えで劣ったが、この馬としては終いまで動けている。

追い切り本数は3本と、前走より少なめだが全て早めの時計。

【七夕賞2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • マイネルサーパス
  • ブラヴァス

B+評価の中で気になる馬

  • ヒンドゥタイムズ
  • エアウィンザー

私の予想↓

  • ◎マイネルサーパス
  • ◯ブラヴァス
  • ▲ヒンドゥタイムズ
  • △エアウィンザー

マイネルサーパス、ブラヴァスはここに向けて乗り込み量が十分。

特にマイネルサーパスは、最終追い切りの雰囲気もよく、調子はかなり良いと見ています。

ヒンドゥタイムズは中間もキレのある動きで、調子は高いレベルにあると思います。

エアウィンザーは坂路メインの調整に変えて、状態は上がってきている印象を受けます。

他だとノーブルマーズ、ジナンボーも、ここに向けて至って順調な調整と言えます。

あと、調教パターンがこれまでと違っていて、ちょっと気になるのは、パッシングスルー、ヴァンケドミンゴあたりですね。