【クイーンS 2020 予想】最終追い切り 全頭評価まとめ

クイーンSの最終追い切り全頭評価&予想まとめ。

2020年クイーンSの最終追い切り(タイム) 全頭考察&予想記事です。

【全馬調教タイム 前走比較】クイーンSの追い切り考察

2020年クイーンSの追い切り考察動画。

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※前走の最終追い切りと、今回の最終追い切りのタイムを記載しています。タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

フェアリーポルカ

前回:坂路稍重 55.7-39.9-12.7

単走 強め

今回:札幌芝良 5F66.1-36.7-11.7

併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

3頭併せの外から馬なりのまま楽に先着する内容。

走りに余裕があり、変わらず調子は良さそう。

中間は函館Wと札幌ダートで乗り込まれている。

あえて気になる点を言うならば、

滞在競馬で、連勝中の調整パターンと完全に変わったので、

そのあたりがどう影響するかというところ。

スカーレットカラー

前回:CW良 6F84.137.0-12.1

単走 馬なり

今回:札幌芝良 5F66.336.3-12.6

併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せの外から馬なりのまま半馬身ほど先着する内容。

1週前もCW多頭併せでしっかり負荷をかけられている。

去年とほぼ同じパターンで調整されていて、

他馬との経験の差も含めて、今回はチャンスありそう。

コントラチェック

※前走モヤのため、中山牝馬Sと比較。

前回※:南W重 5F65.4-37.6-12.7

単走 馬なり

今回:札幌芝良 6F83.1-37.6-12.3

併せ先着 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

オーロラフラッシュと併せて外から馬なりのまま先着する内容。

この馬としては折り合って動けている印象。

これまでは先行する調教が多かったが、

今回は1週前も前に馬を置いて抑える調教をしている。

本番でもこの調教の成果が出れば、変わり身はありそう。

ビーチサンバ

前回:CW良 6F80.436.8-12.0

単走 馬なり

今回:札幌芝良 5F65.536.7-11.8

併せ併入 仕掛け

個人的評価:B+(8.0点)

レッドアネモスと併せて外から併入する内容。

併せてからもしぶとく粘れていたし、

この馬らしい走りは出来ている印象。

カリビアンゴールド

前回:函館W良 5F70.239.2-12.8

単走 強め

今回:札幌芝良 6F82.537.7-11.7

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

単走で終いだけ軽く伸ばすような調教。

最終追い切りが札幌芝6Fは去年と同じパターン。

ラストの走りは軽快で、前走以上に素軽さが増している印象。

中間も函館Wと札幌ダートで乗り込まれている。

シャドウディーヴァ

前回:南W良 5F68.2-39.4-12.6

併せ併入 強め

今回:札幌ダート良 6F84.9-38.9-12.1

併せ先着 馬なり

個人的評価:B(7.5~8.0点)

2頭併せの内から、馬なりのまま楽に先着する内容。

右手前のままで走っていたが、動き自体はまずまず。

札幌ダートのみの軽い調整がどうでるかという感じ。

直線で右にヨレる癖が出なければ、右回りでも力は出せそう。

リープフラウミルヒ

前回:南W良 5F68.9-40.4-12.7

単走 馬なり

今回:札幌芝良 5F67.7-38.1-12.8

単走 馬なり

個人的評価:B(7.5~8.0点)

単走でサッと流す程度の調教。

前半飛ばし気味なのが少し気になる

先行してうまく折り合えるかがカギ。

その他、短評

・アロハリリーB

札幌芝5F69.4-12.6単走。馬なりで軽く流す程度の調整。

時計は遅めだが、馬は気分良く走れている印象。

中間の坂路の時計はこれまでより少し遅め。

今回ブリンカー装着予定。気持ちの面で変わり身あれば。

・サムシングジャストB+

札幌芝5F59.7-12.3単走。実践並みの時計だが、

走り自体はまだ余裕があり、洋芝適正は十分ありそう。

・ナルハヤB

札幌芝6F81.7-12.7単走。終いだけ軽く伸ばす程度の調整。

中間も坂路で乗り込まれ、この馬なりに順調。

あとは斤量増+相手強化でどうか。

・レッドアネモスB

札幌芝5F64.9-11.8。ビーチサンバと併入。

内からしっかり追い上げてきた。

調教はいつも動く馬なので評価が難しい所。

切れ味勝負だと厳しいので、前目で粘れれば。

・オールフォーラヴC

札幌芝5F62.5-11.8。併せ一杯で先着。

少し気の悪さが出ているのが気になるが、

強めに追われてからの終いの動きは悪くない。

久々だが、うまく折り合えれば力は出せそう。

・タガノアスワドB+

札幌芝5F64.2-11.7。単走で集中した走り。

直線も気分良く走れていて、

本番でもうまく逃げれれば、粘れそうな仕上がり。

・モルフェオルフェC

札幌芝5F62.5-11.6。単走でスピード感ある動き。

中間はかなり強めに乗り込まれているが、

ただ、1週前は併せ馬でかかりっぱなしの動きだった。

気性面や展開、相手関係など、課題も多い。

【クイーンS2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • コントラチェック

B+評価の中で気になる馬

  • フェアリーポルカ
  • スカーレットカラー
  • カリビアンゴールド
  • サムシングジャスト
  • タガノアスワド

私の予想↓

  • ◎コントラチェック
  • ◯フェアリーポルカ
  • ▲スカーレットカラー
  • △カリビアンゴールド
  • ☆サムシングジャスト
  • ☆タガノアスワド

コントラチェックは、今までと違い、前に馬を置く併せ馬をこなしており、だいぶ抑えが効くようになってきた印象。

そういった気性面での変わり身を期待して一番評価にしました。

フェアリーポルカは中間は函館でも乗り込まれ、最終追い切りの反応も良かった。連勝中の調整と変わるが、動き自体はとても良く見える。

スカーレットカラーは1週前CWで強めに追われて、最終追い切りは札幌芝でサッと流す調整。去年とほぼ同じパターンで、経験の差が活きれば。

カリビアンゴールドも去年と同じようなパターンで順調に来ている。

サムシングジャストは、札幌芝で実践並みの時計。久々だが仕上がりは悪くない。

タガノアスワドは単走で終いまで集中した走り。展開がハマれば力は出せる仕上がりに見えます。