【レパードS 2020 予想】最終追い切り 全15頭評価まとめ

レパードSの最終追い切り全頭考察&予想。

2020年レパードSの最終追い切り(タイム) 全頭考察&予想記事です。

【全馬調教タイム 前走比較】レパードSの追い切り考察

レパードSの最終追い切り全頭考察。

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※前走の最終追い切りと、今回の最終追い切りのタイムを記載しています。タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

デュードヴァン

前回:南W良 5F66.1-39.0-12.6

併せ併入 馬なり

今回:南W良 5F67.0-38.2-12.4

併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

3頭併せの内から馬なりのまま少し先着する内容。

手応えも余裕があり、雰囲気は良い。

ただ、1週前は3頭併せで遅れているのが少し気になる。

ラインベック

前回:坂路重 54.0-38.8-12.2

単走 強め

今回:坂路良 54.5-39.4-12.3

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

坂路単走で終いだけ伸ばすような内容。

1週前はCW6F81.5-12.2で楽々先着。

元から調教は動くが今回も変わらず状態維持出来ている印象。

ミヤジコクオウ

※鳳雛Sの追い切りと比較。

前回※:坂路良 58.7-43.5-13.7

単走 馬なり

今回:坂路良 57.2-41.6-12.9

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.0点)

坂路単走で軽く調整程度の走り。

1週前は坂路で一杯に追われて大きく先着している。

調教師が1週前の段階で気迫が足りないと話しているのが気になるが、

中間の過程はまずまず順調に見える。

ブランクチェック

前回:南W良 5F67.4-39.0-12.8

単走 強め

今回:南W良 5F67.6-39.0-12.4

単走 強め

個人的評価:B+(8.5点)

離れた前の馬を見ながら実質単走のような追い切り。

折り合いも付いていて、鞍上の指示にしっかり従えている印象。

1週前は遅れたが、ここに向けての乗り込み量はかなり豊富。

ケンシンコウ

前回:美坂路良 53.0-39.3-13.2

単走 強め

今回:美坂路良 53.1-38.5-13.0

併せ併入 強め

個人的評価:B+(8.5点)

3頭併せの内を通って、強めに追われて併入する内容。

手応えでは劣っていたが、この馬としては動けている。

坂路メインの調整はこれまで通りで、

前走の好調を維持できている印象。

ライトウォーリア

前回:DP良 6F83.338.7-12.1

併せ先着 一杯

今回:坂路良 53.238.6-12.8

単走 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

坂路単走で軽く流すような走りだが活気あっていい動き。

馬なりでもかなり早い時計が出せている。

中間は坂路中心の調整。

前走は軽めの調整でうまくいったそうで、

今回も軽めの調整とのこと。

メイショウダシン

前回:DP良 6F77.9-39.4-12.7

単走 馬なり

今回:CW良 6F82.2-38.5-12.8

併せ併入 強め

個人的評価:B(7.5~8.0点)

3頭併せの内から強めに追われて併入する内容。

手応えは外の馬に劣ったが、この馬なりに終いは伸びている。

その他、短評

・ニュートンテソーロB

南W4F52.6-13.2併せ遅れ。

仕掛けたときに少しもたついて見えるのが気になる。

・バンクオブクラウズ(※動画なし)

CW6F84.4-12.6単走仕掛け。

(石坂公師)先週時計を出したので、闘志を促すような追い切りをした。

https://article.auone.jp/detail/1/6/12/8_12_r_20200806_1596660485638331

・タイガーインディB

坂路53.1-12.5単走一杯。(※開門直後で時計の出やすい馬場)

使い詰めだが早めの時計でしっかり負荷をかけた印象。

時計的にこの馬としては動けている。あとは距離適性か。

・ダンツエリーゼB+

坂路52.6-12.8併せ併入。追い切りはこれ1本。

2頭併せでしぶとく粘って併入する内容。

自己ベストの時計で、使い詰めだが馬は元気に見える。

・フレイムウィングス(※動画なし)

CW5F75.1-13.5単走馬なり。

(大西助手)これからの馬だけど、どれだけやれるか。高速決着はいいと思う。

https://article.auone.jp/detail/1/6/12/8_12_r_20200806_1596660485638331

・フリーフローB+

南W5F66.8-12.5併せ併入。

2頭併せの内から併せて抜かせない走り。

これまでよりも早い時計の中で終いまで粘れている。

・ラブリーエンジェルB

南W4F53.8-12.3併せ併入。

2頭併せの外から、直線では手応えで劣った。

この馬としては乗り込まれていて、時計的にも動けている。

・フェイバリットB

南W6F81.6-13.1単走一杯。

使い詰めだが長めからかなり早い時計で追われている。

これまでとパターンが違うので、

この強い追い切りがプラスに働けばという印象。

【レパードS2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • ライトウォーリア

B+評価の中で気になる馬

  • ブランクチェック
  • ケンシンコウ
  • ラインベック
  • デュードヴァン
  • ダンツエリーゼ

私の予想↓

  • ◎ライトウォーリア
  • ◯ブランクチェック
  • ▲ケンシンコウ
  • △ラインベック
  • △デュードヴァン
  • ☆ダンツエリーゼ

ライトウォーリアは坂路馬なりで楽々高タイム。

前走は軽めの調整で勝ちましたが今回も同じパターンで更に状態が上がっている印象です。

ブランクチェックは少し地味ですが、折り合いがついて、スムーズな競馬ができそうな調教をしています。

ケンシンコウは前走と同じような坂路調教のパターンで変わらず好調。ただ、出遅れだけ心配。

ラインベックも調教はいつも動きますが、変わらず走れる状態だと思います。

デュードヴァンは最終追い切りの雰囲気はかなりいいですが、1週前の併せ馬でバタバタしてたのが少しだけ気になりました。

他に穴っぽい所だとダンツエリーゼは調教でしぶとい走りをしていて、馬は好調という感じです。

あとフリーフローも追い切りで動けていて気になりましたが、さすがに印を広げすぎなので、切りました。。