【東京新聞杯 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

東京新聞杯の追い切り予想。

2021年東京新聞の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】東京新聞杯の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

ヴァンドギャルド

芝重 4F52.937.8-11.9 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

舌は出しているが、単走で馬なりでテンションが上りすぎず、終始軽快な走り。

1週前CW→最終追い切りが芝なのはマイルCSと同じ。

久々だが気性面でこの馬としては落ち着いており、状態は良さそうに見える。

シャドウディーヴァ

美浦坂路良 53.4-39.2-12.3 併せ併入 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

坂路2頭併せで馬なりのまま余裕を持って併入する内容。

1月16日にノーザンしがらきから帰厩。

1週前に南W5F66.0-12.4で追われてほぼ仕上がった印象。

直前が坂路なのは府中牝馬Sと同じパターンで、久々でも落ち着いていい動き。

トリプルエース

坂路重 52.7-38.4-12.4 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

単走馬なりで軽い走りだが、前走時よりも3秒位早い時計が出ている。

使われつつも、しっかり動けているのは好印象。

この馬なりに好調をキープできているように見える。

サトノインプレッサ

坂路重 52.5-38.0-12.7 併せ遅れ 一杯

個人的評価:B(7.5~8.0点)

2頭併せで強めに追われて手応えでは劣る内容。

ここ数戦はCWメインだったが、今回は坂路メインの調整。

距離短縮と坂路調教で変わり身があれば・・・という印象。

ダイワキャグニー

南W稍重 6F83.5-40.1-13.3 単走 馬なり

個人的評価:B(7.5~8.0点)

長めから馬なりのまま軽い調整程度の追い切り。

特に目立たないが、この馬なりに前走の状態をキープできている印象。

その他、気になる馬

・カラテ9.0

美浦坂路50.7-12.5。単走仕掛け。

晩成型で馬体も増えてきて、以前よりも坂路で動くようになっており、上昇度は一番。

・エントシャイデン8.5

CW4F50.6-11.8。単走仕掛け。

前走と同じパターンの調整で、終いまで集中した軽快な走り。

使われつつも、状態は高いレベルにあるように見える。

【東京新聞杯2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • カラテ

B+評価の中で気になる馬

  • トリプルエース
  • シャドウディーヴァ
  • エントシャイデン
  • ヴァンドギャルド

私の予想↓

  • ◎カラテ
  • ◯トリプルエース
  • ▲シャドウディーヴァ
  • △エントシャイデン
  • ☆ヴァンドギャルド

カラテは去年秋から使われつつも馬体が増えてきて、結果も出るようになってきました。坂路での動きも勢いがあり、今は充実期が来ている感じがします。

トリプルエースも使われつつ、しっかり坂路で動けており、去年春ごろと比べると馬体が充実してきた印象を受けます。

他だと、シャドウディーヴァ、エントシャイデン、ヴァンドギャルドあたりも、至って順調に調整されていると思ったので評価しました。