【CBC賞 2021 予想】最終追い切り評価&好調馬まとめ

CBC賞の追い切り評価と予想。

2021年CBC賞の最終追い切り(タイム) 考察&予想記事です。

【調教タイム 前走比較】CBC賞の追い切り考察

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

ヨカヨカ

坂路良 51.4-37.1-12.8 単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

坂路単走でサッと流す調整。

終始抑え気味だが、楽に早い時計が出ている。

1週前は坂路49.6秒を出しており、かなり動けている。

使われつつもいい状態を維持できている印象。

ピクシーナイト

坂路良 53.0-38.6-12.0 併せ先着 仕掛け

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

2頭併せで最後キッチリ先着する内容。

1週前は坂路52.0-11.9で大きく先着している。

直前がこれまでより抑え気味だが、変わらず調子は良さそうに見える。

アウィルアウェイ

坂路良 54.5-38.8-12.2 単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

単走で少しかかり気味の走り。

ただ、終いは12秒台でこれまでよりしっかり動けており、高松宮記念のときよりも活気ある動きに見える。

休み明けだが、ズブさもなく、体調は良さそうな印象。

タイセイビジョン

CW良 4F51.637.7-12.2 単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

CW単走で軽く仕掛けられる内容。

前走と同じような調整で、変わらず動けている。

一度使われて、馬体も絞れてきた印象。

メイショウチタン

坂路良 53.3-38.0-11.9 併せ先着 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

2頭併せで楽な手応えで先着。

使い詰めだが変わらず坂路でしっかり動けている。

その他、調教で気になった馬

ビオグラフィー 8.5

坂路52.5-12.1。併せ強め併入。

以前よりも坂路で動けるようになっている。

ここを目標に乗り込まれており、順調な仕上がり。

クーファウェヌス 8.0-8.5

坂路53.6-12.4。単走馬なり。

軽く流す程度だが集中して走れている。

休み明けだが乗り込み量十分。

メイショウケイメイ 8.0-8.5

坂路54.7-12.0。単走馬なり。

調教ではしっかり終いまで動けている。

あとはこれが実践につながれば。

【CBC賞2021】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • なし

B+評価の中で気になる馬

  • アウィルアウェイ
  • ヨカヨカ
  • ビオグラフィー
  • メイショウチタン
  • ピクシーナイト

私の予想↓

◎アウィルアウェイ

◯ヨカヨカ

▲ビオグラフィー

△メイショウチタン

△ピクシーナイト

アウィルアウェイは高松宮記念のときよりも坂路で活気ある動きで、終いまでしっかり動けるようになっているのは大きな変化だと思い、高めの評価にしました。

ヨカヨカは変わらず坂路で楽に好タイムを出せており、高いレベルで状態をキープしている印象。

ビオグラフィーはここを目標にしっかり仕上げてきており、距離短縮もプラスになりそう。

メイショウチタンは使い詰めですが坂路の動きは良かったと思います。

ピクシーナイトは直前が抑え気味ですが、1週前は変わらずいい動きで、能力が高そうな走りをしています。