【フェアリーS 2022 予想】最終追い切り 全頭調教診断!(最終版)

エリカヴィータ
フェアリーSの追い切り予想

2022年フェアリーSの最終追い切り全頭考察&予想記事です。

この記事の結論
今回の調教で一番良く見えた馬は「スクルトゥーラ」でした。

フェアリーSの追い切り全頭評価【前走比較】

※評価はS~Dの間で決めています。追い切り映像のない馬は関係者コメントやタイムから推察しています。予めご了承ください。

ウラカワノキセキ【B】

南Wで強めに追われて先着。

終いの伸びは上々。

芝適正は未知数だが、状態は問題なさそう。

エバーシャドネー【B】

CWで一杯に追われてモズゴールドバレルに遅れ。

遅れはしたが終いの時計は早い。

この馬なりに順調。

エリカヴィータ【B+】

南Wで馬なりのまま少し遅れ。

無理をさせずに馬なり調整。

余力は十分にあり、馬体が減りすぎなければ問題なさそう。

スクルトゥーラ【A】

南W馬なり併入。

時計は遅いが終いの反応は良好。

騎乗した横山武史騎手の感触も良いようだ。

スターズオンアース【A】

南Wで馬なりのまま先着。

暮れにもしっかり乗り込まれており、今回は調整程度。

前走からの上積みはありそう。

スピードグラマー【B】

南Wで馬なりのまま併入。

折り合いの付きやすいタイプ。

前走からの状態をキープできている。

スプリットザシー【B】

坂路で馬なり単走。

前走と同じような内容で、変わらず来ている。

テーオーシャルマン【C】

CWで強めに追われて遅れ。

芝適正が未知数な上に相手強化でどうか。

ニシノラブウインク【C】

南Wで併せ併入。

時計も遅く、追い切りでは目立った動きをしない。

ビジュノワール【B+】

坂路単走一杯。

これまでコース追いだったが、今回は坂路。

馬体減だけが心配だが、乗り込みは十分。

フィールシンパシー【B】

南W馬なり先着。

時計は遅めだが、この馬としてはいつも通り動けている。

ブルトンクール【B】

南W馬なり併入。

間隔は詰まっているが、特に疲れなく動けている。

ポケットシンデレラ【B】

南W馬なり併入。

折り合いもついて、スムーズな走りができてる。

この馬なりに順調。

ユキヤナギ【B】

坂路単走馬なり。

全体時計は早めだが、終いはバテ気味。

スタミナ面での不安が。

ライラック【B】

南W馬なり併入。

終始抑えめの調整。

気分屋の面がありそうで、上手くハマれば。

ヴァンルーラー【B+】

坂路併せ一杯先着。

早い時計の中でも終いまでしっかり動けている。

前走からの上積みを感じさせる。

【まとめ】個人的追い切り好調馬ランキング

  1. スクルトゥーラ【A】
  2. スターズオンアース【A】
  3. ヴァンルーラー【B+】
  4. エリカヴィータ【B+】
  5. ビジュノワール【B+】