【最終結論】2019エプソムC 追い切り重視予想&個人的狙い馬

2019年エプソムカップの調教タイムや追い切り重視予想。最終結論まとめ記事です。

2019年エプソムカップの枠順有利不利考察&外厩利用馬情報&追い切り重視予想の最終結論記事です。

先週は安田記念で馬券的中したので、この調子で当てていきたいところです。

いつにも増して喉の調子が悪いです・・。

2019年エプソムC(東京芝1800M)の枠順有利不利考察

2019年エプソムカップの枠順有利不利考察。

過去20年のエプソムカップのデータから考察しました。(※改修工事前も含まれているので若干微妙なデータですが;)

勝率連対率1位は「1枠」。

「6枠」は複勝率1位で勝率連対率は2位。

脚質で見ると、「先行馬」が好成績。複勝回収率でみると「逃げ馬」が圧倒的に穴を空けています。

上記の2点を考慮して考えると、「1枠・6枠の逃げ・先行馬」は比較的いい枠を引いたのではないかな?と思います。

しかし、この条件に当てはまる馬が今回はいないっぽいですね・・。レイエンダが先行するなら当てはまるかも知れませんが・・。

外厩利用馬は4頭

  • サラキア ノーザンしがらき
  • ダノンキングダム ノーザンしがらき
  • アップクォーク ノーザン天栄
  • ミッキースワロー KSトレーニングセンター

2019エプソムカップの追い切り評価ランキング

個人的追い切り評価ランキングです。今回はあんまりピンと来る馬が少なかったです・・。

繰り返し同じことを言っていますが、私の追い切り評価は、今回の追い切りだけでなく、前走やその前の追い切りと比較しての「変わり目・成長度合い」を重視しています。

※タイムについて:追い切りタイムは調教映像内のトラックマンが手動計測したものではなく、ネットケイバのプレミアム会員が見れるタイムを参考にしています。(※1週前考察の場合は異なる場合有)

※位置について。位置とは1~9段階あり、数字が小さいほどインコースを走ったということ。9なら大外を走ったということです。9で好タイムならかなりコースロスをして出したタイムなので価値は高めかも?

1位 プロディガルサン

レーン騎手

▼前回(谷川岳S2着)

  • 1週前:坂路良 50.8 37.0 24.4 12.5 馬なり
  • 最終:坂路重 50.6 36.9 24.7 12.9 馬なり

▼今回

  • 1週前:坂路重 50.7 38.2 26.3 13.9 強め
  • 最終:南W良 67.0 51.7 37.3 12.5 併せ 位置8

評価 A

追い切り本数6→6本

今年に入ってから坂路でしか追われていなかったが、今回の最終追いで久々の南W追い。

外を回って集中した走りで先着。ここに向けてしっかり仕上げてきたという印象。

同じコースで不良馬場2着の実績もあり、馬場が重くなっても対応は可能と見る。

2位 ソーグリッタリング

浜中騎手

▼前回(都大路S1着)

  • 1週前:CW重 82.1 66.4 51.7 37.6 11.7 位置8 強め
  • 最終:CW良 52.4 37.8 11.9 位置9 馬なり

▼今回

  • 1週前:CW良 82.8 67.3 53.0 39.7 11.6 位置8 一杯
  • 最終:CW良 68.7 53.3 39.0 11.6 位置9 馬なり

評価 B+

追い切り本数8→4本。

追い切り本数は減っているが、1週前追い切りからの調整は前走と同じパターンで行っており、至って順調。

連勝中の勢いは維持している動き。

ただ、関東輸送で毎回大きく馬体減しているのが少し気になる。

3位 ダノンキングダム

三浦騎手

▼前回(府中S1着)

  • 1週前:坂路重 52.2 38.0 24.8 12.5 一杯
  • 最終:坂路良 55.3 40.2 25.8 12.5 馬なり

▼今回(ノーザンしがらき利用)

  • 1週前:坂路重 53.0 38.3 24.8 12.3 一杯
  • 最終:坂路良 54.8 39.5 25.4 12.5 G強め

評価 B+

追い切り本数5→4本。

前走勝った時の勢いをそのまま維持出来ている印象。

状態は高いレベルで安定。

先行馬が少なく、この馬の力を出しやすい展開になりそうなのもプラス。

4位 ミッキースワロー

横山典騎手

▼前回(新潟大賞典2着)

  • 1週前:南W良 82.5 66.2 51.8 38.3 12.6 位置8 仕掛
  • 最終:南W重 51.9 38.3 12.9 位置6 馬なり

▼今回(KSトレーニングセンター利用)

  • 1週前:南W稍重 84.2 67.7 52.8 38.1 12.7 位置7 強め
  • 最終:南W良 86.5 70.7 54.9 40.8 12.3 位置7 馬なり

評価 B+

追い切り本数5→4本。

休み明けを一度叩いて、追い切りも長めからしっかり乗り込んで、順当に良化。

中間はいつもどおり外厩を使って、休み明けの前走より素軽さが増した印象。

追い込み馬なので、今回は逃げ馬が少ないのが少し気になる。

5位 サラキア

丸山騎手

▼前回(阪神牝馬S10着)

  • 1週前:CW良 84.7 68.0 52.5 38.0 11.4 位置8 一杯
  • 最終:坂路良 52.5 38.1 24.7 12.3 馬なり

▼今回(ノーザンしがらき利用)

  • 1週前:CW重 84.8 68.7 54.2 39.6 11.5 位置8 馬なり
  • 最終:坂路良 52.8 38.2 24.9 12.3 馬なり

評価 B+

追い切り本数3→5本。

前走よりも厩舎での乗り込み量が豊富。

今回の最終追い切りの動きも素軽く、状態面は問題なさそう。

あとは重馬場適正がどうなのかと、レースで去年の走りを取り戻せれば・・。

6位 アップクォーク

津村騎手

▼前回(六甲S11着)

  • 1週前:南W良 67.8 52.7 39.4 12.8 位置6 仕掛
  • 最終:南W良 65.9 50.9 37.2 12.8 位置6 G強め

▼今回(ノーザン天栄利用)

  • 1週前:南W稍重 68.4 52.1 38.3 12.8 位置5 強め
  • 最終:南W良 52.4 38.1 12.8 位置6 強め

評価 B

追い切り本数3→6本。

前走は帰厩からレースまでの期間が短く、追い切り本数は少なめ。

今回は前走よりは早めに時計を出し、乗り込み量増加。

追い切りの動きはそこまで抜群と言った感じではないが、厩舎での乗り込み量アップと、コース替わりがプラスになるとみて評価。

その他、ちょっと気になる馬(短評)

アンノートルB 追い切り本数3→6本。乗り込み量十分でここに向けて仕上がり良。あとは相手強化でどうか。

ブレスジャーニーB 中2週なので追い切り本数は2本。動きは特に問題ないが、間隔が詰まっていると成績が悪いのが気になる。

ソウルスターリングB+ 前走休み明けながらしっかり乗り込まれていた。今回1週前最終追いを芝→南Wに戻してきた。叩かれた効果あれば一発あってもおかしくはない。

レイエンダB 間隔が詰まっているため中間含めて軽めの調整。この馬なりに順調な仕上がり。ただ、近走の負けっぷりが気になる。

ショウナンバッハB 間隔が詰まっているが中間も坂路で早い時計を出し、調子は良さそう。ただ、調教の動きと成績が伴っていない馬なのが気になる。

【最終予想】エプソムカップの個人的狙い馬&購入馬券まとめ

◎プロディガルサン

◯ソーグリッタリング

▲ダノンキングダム

コース実績があり中間の調教も含めて、前走より本気度を感じたプロディガルサンを本命にしました。

ソーグリッタリングは前走と変わらず中間の調整も順調に来ていますし、不良馬場での実績もあり、斤量が57キロなのと関東輸送がやや気になりますが、勢いと重馬場適正を買いました。

ダノンキングダムは前走の勢いを高いレベルで維持している印象で、展開的にも有利になると見て評価を上げました。

あとは実績面でミッキースワローはこのメンツでは上位なのは明らかですし、一度叩いて良化気配だと思いますが、1800はちょっと短いかな?という気もします。

穴っぽいところだと、アップクォークが追い切り本数が増して、前走大敗ですが、今回は得意の東京コースなのもプラスですし、うまくハマれば、巻き返してもおかしくはない気がします。

馬券は堅めで面白くないですが、点数を抑えてワイドBOXで行こうと思います。

うーん、追い切りでピンとくる馬が今回は少なくて、結構迷いました。

少しでも参考になれば幸いです。

それでは!