【ラジオNIKKEI賞2020 予想】最終追い切り 全頭評価まとめ

ラジオNIKKEI賞最終追い切り 全頭診断&本命馬。

2020年ラジオNIKKEI賞の最終追い切り(タイム) 全頭考察&予想記事です。

【全馬調教タイム 前走比較】ラジオNIKKEI賞の追い切り考察

ラジオNIKKEI賞最終追い切り全頭評価。

私の追い切りの見方や、評価の決め方、参考にしているサイトについて

※前走の最終追い切りと、今回の最終追い切りのタイムを記載しています。タイムはJRA-VANとネットケイバの両方を参考にしているので、少し異なっている場合があります。順番は予想オッズ順です。

※木曜の段階で除外対象の馬や、出走可否が不明な馬は除いています。

パラスアテナ

前回:南W重 5F68.4-39.7-12.7

併せ併入 強め

今回:南W不良 5F68.0-39.8-12.6

併せ併入 仕掛け

個人的評価:B+(8.0点)

2頭併せの内から軽く追われて併入する内容。

外の馬に比べて手応え的にやや劣っていたが、

時計的にはこの馬なりに動けている。

中間も南Wと坂路を組み合わせた調整で、

いい意味で特に変わらず、平行線という印象。

ルリアン

前回:CW稍重 6F81.937.5-12.6

単走 一杯

今回:坂路不良 53.438.4-12.2

単走 馬なり

個人的評価:A(9.0点)

最終追い切りが坂路は2走前と同じパターン。

手前替えのときに頭を上げていたが、全体的に素軽い。

1週前はCWで6F78.7-11.9の自己ベストで負荷をかけられている。

前走以上の乗り込み量で、仕上がりは良さそうに見える。

パンサラッサ

前回:坂路良 54.0-39.0-12.7

併せ先着 馬なり

今回:坂路不良 53.0-38.8-12.7

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.0点)

中1週で、追い切りはこの坂路1本のみ。

少しヨレる面があるが、

この馬なりに変わらず動けているし、

叩かれた上積みはありそうな印象。

グレイトオーサー

※前走モヤのため、2走前と比較。

前回:南W良 5F69.4-38.7-12.0

併せ先着 馬なり

今回:南W不良 5F66.9-37.6-12.4

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5点)

南W単走で軽く流す程度の調整。

手前替えもスムーズで、素軽い走り。

中間も南Wで乗り込まれており、

変わらず順調な調整に見える。

サクラトゥジュール

前回:南W重 5F66.9-38.5-12.3

単走 馬なり

今回:南W不良 5F68.3-38.9-12.7

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

単走で終始かかり気味の走り。

本番での折り合い面が気になるが、

動き自体はとても力強い。

1週前は南W5F65.3-12.5で自己ベスト。

バビット

前回:坂路良 56.8-41.7-13.1

単走 馬なり

今回:坂路不良 56.5-41.7-13.2

単走 馬なり

個人的評価:B+(8.5~9.0点)

坂路単走でサッと流す程度の走り。

一週前は早めに追われて坂路53.6-12.2で動けている。

ここに向けてほぼ前走と同じパターンで、

至って順調な調整に見える。

コンドゥクシオン

前回:南W稍重 5F65.6-38.0-12.7

併せ併入 馬なり

今回:南W不良 5F67.7-38.7-12.0

併せ遅れ 強め

個人的評価:B(7.5点)

3頭併せの真ん中で追われて内の馬には遅れる内容。

この馬なりに終いは伸びている印象。

1週前は強めに追われていたが、

全体的に時計面で、前走より物足りなく映る。

アルサトワ

前回:CW良 6F83.6-38.7-12.0

併せ遅れ 一杯

今回:CW不良 6F85.4-38.6-11.7

併せ先着 一杯

個人的評価:A(9.0点)

3頭併せの内から、リュヌルージュに1馬身先着する内容。

1週前はCWで6F80.2-12.4の自己ベスト更新。

追われてからもしっかり反応できており、

前走以上に上積みある動きに見える。

ベレヌス

前回:坂路良 54.1-40.3-13.1

単走 一杯

今回:坂路不良 55.4-39.8-12.4

単走 仕掛け

個人的評価:B+(8.0~8.5点)

1週前CW→最終追い切り坂路は前走と同じパターン。

前走以上に終いはキレのある動きで、

久々でも仕上がりは良さそうに見える。

その他、短評

・ディープキング※

※追い切り動画なし。

中間は最終追い切り坂路55.4-12.6の1本のみ。

藤原英師「中1週でも変わらず順調。

3歳限定のハンデ52キロは良さそう。」

・コスモインペリウムB

前走と同じくポリトラックでの追い切り。

中2週で目立つ変わり身ないが、

調教パターンは変わらず、この馬なりに順調。

・アールクインダムC

南Wでサッと流す程度の調整。

中間は2本で、全体的にかなり軽めの調整という印象。

【ラジオNIKKEI賞2020】最終追い切り 注目馬&予想まとめ

A評価

  • ルリアン
  • アルサトワ

私の本命馬↓

◎ルリアン

ルリアンは2週前、1週前とCWでしっかり乗り込まれており、最終追い切りは坂路でとても素軽い動きでした。

CWのみだった前走以上の仕上がりに見えますので、一番評価とし、本命馬にしました。